海外出張

2019年09月16日

オーガニックココナッツミルクの工場レポート

オーガニックココナッツオイルの工場レポートです。
もう10年以上輸入しているロングヒット商品の工場が新しくなったので行ってきました。
よかったらご覧ください。
ユーチューブチャンネルの登録もよろしくおねがします。

https://www.youtube.com/watch?v=6AhjcHUSO6Y
https://www.youtube.com/watch?v=PA9cJuYmX6g
https://www.youtube.com/watch?v=Z5M0w8xEAZI
https://www.youtube.com/watch?v=tL21PjNdn5o
https://www.youtube.com/watch?v=uIBmtBlDV84
https://www.youtube.com/watch?v=h_QhGtSuJNI
https://www.youtube.com/watch?v=cCMhpR2CrOE
https://www.youtube.com/watch?v=ZCkYDmebYQM
ユーチューブチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQ1U1xlzYsJ04aAsUwXKIVg?view_as=subscriber
nishada at 12:33|この記事のURLComments(0)

2019年09月15日

やはり修行は必要

 海外の日本レストランに行くと思うんですが、やはり何年も修行した人の店の方が美味しいです。
日本で長く修行したシェフで、日本食が感覚からわかる人じゃないと、やはり変な味になる。

修行しないで学校行っただけじゃ、わざわざ高いお金を払って食べたいような店を作るのは難しいと思う。日本食レストランは比較的値段が高い。地元の人もちゃんとした美味しい店がどんどん出てきて比較できるようになると、やはりどちらがいいか必ずわかると思う。

コロンボの日本レストランにあちこち行って思った。
美味しいお店もあったけど、コメだけはやはり厳しかった。あんなに暑い国では、米は冷蔵庫に保管しないと美味しくなくなるね。

芸北の人は、米を精米しないで冷蔵庫に保管して、一袋づつ精米して食べるから、特に芸北の米を食べつけていると、東京でもフランチャイズの安い店のご飯とかだと美味しくないと感じてしまう。贅沢病かな。僕は高冷地の芸北で、自分で作った米をいつでも食べられるから幸せだ。
nishada at 12:30|この記事のURLComments(0)

2019年09月14日

帰国、娘の留学がスタート

昨夜、一人で帰国しました。
娘はコロンボに残って、これから1年間、現地高校で高校留学生として学ぶ予定です。僕は数日東京にいる予定です。
娘はまだまだ学校生活に慣れずに、ランチタイムも一人ぼっちで、英語の問題や外国人ということでなかなか友達を作ることにも苦戦しているそうです。授業もついていくのに必死な中、ディベートなどもチンプンカンプンだと言っていました。
滞在中は頻繁に娘のホームステイ先へ行き、気晴らしになるように時々カフェに連れて行って一緒にケーキを食べたり買い物に行ったりしました。
 僕が一人で帰国する日、空港まで向かうタクシーに乗り込むと、ホームステイ先の家の玄関で涙を堪える娘がいました。タクシーが進んでいく中、娘が口をへの字にしながら腕を上げて二の腕で涙の顔を拭っているのが窓越しに見えました。それは小さい頃の娘の泣き方と同じ仕草でした。
その姿を見ると僕も心が張り裂けそうになりましたが、一言「ヒヨタン頑張れよ」と声をかけて、空港へ向かいました。僕は娘が自ら決めた挑戦をなんとか成し遂げて、成長した姿を見せてくれると思っています。
 小学3年の時に僕の新しいチャレンジのために家族で東京から芸北へ引っ越し、いきなり学年で150人ほどの東京の学校から全学年7人しかいない田舎の学校へ転校しました。16歳まで過疎の村で優しいお年寄りに囲まれて過ごした娘は、生まれて初めて親と離れていきなり、南アジアのスリランカという国へ行き、たった一人しか外国人がいないコロンボの高校でこれから1年間学校生活をします。
大変だと思いますが、なんとか踏ん張って頑張り通して欲しいです。
1年後、間違いなく成長しているはずです。英語やシンハラ語はもちろん、国際感覚や、親と離れて生活する中で様々な学びを体験してくると思います。
 今回の滞在期間中、様々なハプニングがありました。現地についていきなりホームステイ先がキャンセルになり、新たなホームステイホストを探さなくてはいけなくなったこと、ビザの問題、送り向かいのタクシーが危険で、急遽専任を探すことになったこと、学生服がなんども寸法を間違えたこと、腹痛やストレス、詐欺にあったことなど、様々なトラブルがありましたが、ついに僕一人が帰国しました。
来月は、今度は息子がマレーシアに留学します。僕はますます仕事に打ち込む予定です。離れていても家族の絆を大事にして頑張ります。
nishada at 12:37|この記事のURLComments(0)

2015年02月18日

スリランカ出張の合間に義足工場を訪問

 今週からずっとスリランカで仕事してます。
広島から成田空港まで車で行き、さらに飛行機で10時間くらいかけて行きますので時間がかかりますが、やはり現場に行かないとできないことが多いのでスリランカでの仕事は重要です。

仕事の合間に知り合いが運営している義足工場を訪問。知り合いが運営しているので年に数回訪れますが、いつも患者がたくさんいます。
この工場は、以前は内戦中に地雷などによって手足を失った人を救済するために義足を制作して患者に無償で提供していました。最近は交通事故や糖尿病などで手足を失った人達に義足などの生活に必要なものを無償で提供しています。

この工場は寄付で成り立っています。1993年くらいからずっと運営されています。
ここの従業員達は皆、この工場から義足を頂いた人達です。リハビリテーションなども行っています。

運営スタッフは全員ボランティア。職人は元患者さんです。

展示されている義足
写真 1-2


職人1
写真 1-4


職人2
写真 2-4


職人3
写真 6


オーダーメイドで各自のサイズに調節
写真 5


患者の部屋
写真 8


この義足たちが頑張ってくれることでしょう。
写真 7


職人4
写真 4


ガイコツ本物だす。
写真 3


このドクターがインドで技術を習得して、スリランカにこの施設を立ち上げたそうな。
写真 3-3


入院中のみなさん。
写真 5-2


ここの活動は素晴らしいので、よかったら皆さん寄付してくださいねー!
写真 1-3



2012年10月04日

韓国出張のレポート

 ちょっと前の話ですが、ブログをサボっていましたので、レポートできませんでしたが、7月に韓国に出張しました。
ビジネスパートナーで親友のHOONさん達がコーディネイトした講演イベントに、僕と曽根原さん(えがおつなげて)が講演とパネルディスカッションに出ることがメインの目的で行ってきました。

それにしても韓国は美味しい食べ物の連続で、朝昼晩とグルメシーンが堪能できました。しかもヘルシーで種類もたくさん、美味い酒もたっぷりあり、3日連続で美食倶楽部ツアーみたいな感じでした。

それでは写真を紹介します。

つねに何種類もの料理が自動的に出てくる韓国のレストランですが、とくにこのレストランは凄かった。全ての種類を食するために、あえて一種類をちょっとだけ食べてたくさんの種類をいただきました。もちろん美味かった。
CIMG3224


曽根原さんと僕が食べているのは3段階にはさんだ刺激的な食べ物です。豚肉とキムチと発酵した魚です。発酵した魚の匂いは少し危険な香りがしましたが、長野出身の曽根原さんには最高なフレイバーだったようです。
CIMG3308


講演会場の風景です。お客さんは何人いたかわかりませんが、たぶん300人くらいか。僕のジョークに笑ってくれて嬉しかったです。HOONさん達はこんな大きなイベントを仕切っており、素晴らしい活動をされていると思いました。
韓国講演1


パネルディスカッションの風景です。曽根原さんは韓国でも人気者で質問攻めでした。確かもうすぐ韓国で曽根原さんの著書が出版されます。
韓国講演3


この料理が気に入りました。海苔お粥みたいなやつで、ヘルシーで美味い。
CIMG3300


今回は通訳の方に頑張っていただきました。尊敬の念をこめてANIKIと読んでいる右端の方は、3日間とても良くしてくれました。ANIKI、ありがとう!曽根原さん、3日間一緒に過ごしてすごく勉強になりました。HOONさん、11月に芸北で会いましょう。
CIMG3193


高木ブーさんのコンサートが無事終わったら、今度は芸北や山梨の皆さんと一緒に韓国に行きたいと思っています。
以上、韓国出張レポートでした。
チェリオ

2012年07月23日

明日から韓国出張

明日から韓国に行きます。

韓国の皆さんの前でスリランカの事や芸北のことなど、僕の今までのことを話してきます。

僕は講演活動はとても苦手で、緊張して恥ずかしいのであがってしまい、手が震えたりしていつも失敗します。
でもせっかく呼んでもらったので心をこめて話をしてきたいと思います。

実は僕は加山雄三の大ファンですが、大スターの加山雄三さんも、緊張して手が震えて歌の途中でチキショーとつぶやきながら真っ赤な顔で歌ったというコンサートの映像があります。

僕も失敗しても最後まで心をこめて話をしたいです。


2011年09月10日

激しい雨が

スリランカからです。
なぜか激しい雨が毎朝コロンボに降っています。その後はカラッと晴れますが、なにしろ土砂降りが降ります。

日本も台風など激しかったようですが、こちらも激しく降っています。
広島からすぐにスリランカに出張して、ボチボチ2週間、そろそろ帰国しようかと考えています。

日本という国は今、世界のたくさんの国の人達に心配してもらっているようです。
震災や原発事故のことですが、日本人は日本人が自分達で思っている以上に好かれているのではないかと思えてくるほど、暖かい言葉をかけてもらいました。

あるスリランカ人には、自分が末期癌なのに日本の被災者のことをいろいろ聞かれ、技術力が高いからい日本はまたすぐよくなるだろうと自分は見ているんだ、と言って笑っていました。

世の中のニュースはネガティブな内容ばかりかもしれませんが、実際はそうばかりではないと思います。
今回の出張には、前半4日間くらいだけですが、日本からお客さんが来ていました。僕の取引先を一緒に回ったり、工場に行って象に乗ったりしました。

当社のコロンボオフィスは数人なら宿泊できるので、さっさと来れる方はぜひ当社のオフィスに遊びに来てください。まだまだ激しい雨が続くようですが、晴れるときは気持ちよく快晴ですし、フルーツも美味くていいところです。のんびりしたところですから震災のストレスや放射能から体を休めるのにも最適です。

それでは

九州出身のロックバンドはカッコイイバンドが多いねー。


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年12月09日

The Great Serengeti -- A song to help save the Serengeti by: Mayuka Thais

 マユカタイズバンドの新PV
アフリカのセレンゲティ国立公園の野生動物についての歌です。
果てしなく広がる平原、絶滅の恐れのある野生動物がたくさん住んでいる素晴らしい大自然です。今、たいへんな状況になりつつありますが。グレート・セレンゲティ



マユカさんは27日マデイラで行われる「ZOUSAN MUSIC LIVE VOL.2」にも出演予定だす。ぞうさんTVでも生放送を予定してます。
詳しくはこちらのフライヤーをチェックしてくだされ。

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年03月31日

インド最終日

明日の今頃は東京にいる。
やっとだ。長かったズラ。

それにしてもこの出張中にツイッターばかりやっていた。
ツイッターやっているとブログやることが減るように思われる。

通常、出張中の約2週間は一度も日本人と会うことがなく、常に英語しか話さないので、今回の出張のように、ツイッターによって頻繁に日本語にまみれることで、まるで日本にいるかのような気になった。

ツイッターのおかげで孤独な気分もなく、快適でした。
こちらから、ツイッターでのスリランカ、インドのレポートをチェックできます。→ http://twilog.org/wildfunky

ツイッターと連動したラジオ番組もFM西東京で始まると思うので、よかったらフォローしてくだされ。

僕のツイッターのフォローはこちらから↓
http://twitter.com/wildfunky



象の造形作家プブドゥ君のアトリエにて。
pubu


移動中に遭遇した野生の象
wildzou


新しい紅茶の茶葉の試飲。この紅茶会社との付き合いは8年目 
tea1


インディのサファリシャツ作る予定のチェンナイの縫製工場。停電が多いのが困る。
indo1



31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>


2010年03月26日

バブルのスリランカ

 20年以上続いた内戦がついに終り、スリランカの株式市場も爆発的に活性化され、ビジネスマンはみんな株に夢中だ。

僕の取引先も商談中にネットで株の価格ばかりチェックしている。
日本のバブルや97年のアジアの暴落の話などをしてあげたら、一瞬顔色が変わったみたいだった。

でも来年から景気は悪化すると言っている人も多く、選挙が終わったくらいから徐々に悪くなるといっていた。

実際、こちらの経営者で現金をたくさん持っている人が減ったみたいだ。僕のビジネスパートナーも、この国には外貨がほとんどないんだとこぼしていた。

写真は、株価を気にするコロンボの縫製工場の社長
iPhone 156


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年03月25日

大怪我

 ぞうさんペーパー工場で、断裁機や抜きの機械を担当していたインド人スタッフが作業中に大怪我した。指を3本落としてしまった。

高齢のスタッフで熟練だが、秘密で酒を飲みながら作業していて、ヘマして指を落としてしまったらしい。

すぐに病院に連れて行って治療してもらったが、ちゃんと指がくっつくかどうかわからない。たぶんダメだと思う。

マネージャーが代わったばっかりだったので、セキュリティシステムに不備があったかもしれない。

こんな大事故は初めてなので、みんなショックみたいだった。本人も心配だけど家族心配だ。

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年03月24日

数年ぶりの偶然の再開

 5,6年前にいつも利用していたキャンディ市のホテル「ホテルスイス」は、以前はとてもいいホテルだったが、知り合いのマネージャーが辞めて、その部下もみんな辞めて、新しいホテルにみんなで転職してしまいったので、寂しくなって僕もそのホテルを利用するのをやめてしまった。

そして、彼らが転職したホテルに今僕も常宿としてつねにキャンディに宿泊するときはそのホテルを利用している。(人気になるとちょっと困るので名前は秘密)。

ただ、ホテルスイスのバーにいたバーテンダーのおじさんはとてもいい人で、僕がキャンディで超ロンリーのときに暇つぶしにいつもそのバーのバーテンダーであるおじさんと世間話をしたり、日本のカップラーメンを一緒に食べたりしていた。

僕がホテルスイスを使うのを辞めてからもたまに時間があるときはそのバーまで行って、カップラーメンを一緒に食べたりオセロしたりしていた。

数年前からやたら忙しくてなかなかそのバーに行けなくなっていた。そして去年くらいに行ってみたらもうそのおじさんは退職していた。

というか、ホテルスイスが売り飛ばされたかなんかで、知っているスタッフみんないなくなってしまっていたのだ。

はー残念だなー、今頃なにやってんだろ、とか思っていたら、今日、僕のいつも泊まるホテルのバーで、そのおじさん新しいバーテンダーとして働いていた。

僕がチェックインしたあと、紅茶を飲みにバーに行ったらそのおじさんがいたのでビックリした。

あちらは僕がいつもこのホテルに泊まることを他のスタッフから聞いていたらしいく、ビックリさせようと隠れていたがすぐに僕が気づいて、エキサイティングにハグした。

すごく嬉しい瞬間だった。これからまたそのおじさんと会って一緒にカップラーメンを食べたりオセロしたりできることを思うとウキウキしてきた。

これからもこのホテルを使うことは間違いない状況になったズラ。

チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年03月21日

スリランカ出張3日目

 ツイッターでけっこう更新しているので、ブログには写真を乗っけます。

まずはフルーツから。
キャンディに行くときに立ち寄るフルーツ屋。ここのおばさんはしつこく味見させてくる。ナイフさばきは上手。
umai


ぼろいジープでジャングルへ。
boro


けっこうみかけます。
tokage


打ち合わせ風景。ワイルドパステルの新作もうすぐ発表します。パッケージは宮尾さんが担当。ジャングルにある素材で作った手作りパステル。
pen


イケメンのアーティスト。上半身はつねに裸だ。
ikemen


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2010年03月19日

新しい1000ルピー札のデザインですが。

 新しい1000ルピー札ですけど、大統領のガッツポーズです。
この写真、気に入ってるようです。何しろ町のいたるところにこの写真のポスターが貼られてます。
IMG_0221



え!?
このデザインはどこかで見たことがあるどワシ!
IMG_0220


お金は大事にしよう。
チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

出張1日目。朝に義足の工場を見学

 昨夜深夜にスリランカのコロンボに到着。大統領の看板があちこちにあるなあと思ってたら、今度はお札も大統領のガッツポーズが印刷されているではありませんか。

それはどうでもいいこととして、今日は朝8時頃、オフィスに行く前に、知り合いのお母さんがやっている義足の工場を訪ねました。

スリランカの内戦地区には地雷がけっこう埋まっており、それを踏んだら足がふっとばされたり亡くなったりするのだが、そんな人の数が毎年増えており、大変気の毒な状況です。

僕の友達のお母さんは20年ちかく、義足の工場とリハビリテーションセンター、患者の宿泊施設などを運営している。全て無償で患者は義足やリハビリを受けられるのだが、患者は6ヶ月待ちの繁盛状況だ。

義足の生産ラインはとても素朴でシンプルでほとんど手作りだ。
でも、これらのサービスのおかげで走ったり仕事にありついたりできるようになる人も多く、とても良い仕事を友人のお母さんは行っている。ちなみに今日は、笑っちゃうようなひょんな理由から、そのお母さんの家に泊まる予定。

ここの工場のスタッフのほとんどは、この施設で義足を貰った人たちだ。

運営の費用だが、ダイアナ妃のファウンデーションからすこしの助成金を貰ったりして運営しているらしいけど、政府からのサポートはまったくないらしい。

義足の製造にはとても興味を持った。まるでアトムみたいなロボットを作っているようだ。

合成ゴムなどを型どりするところなど、当社の人気商品である天然ゴムフィギュアの工場のプロセスに似ている。

6ヶ月待ちというのは、この設備とプロセスなら早いほうかもしれない。なにしろほとんど手作りだから。

できたばかりの義足を見せてくれるアンクル
gisoku1


ここのスタッフも、元患者。この工場で製造された義足が相棒。わりといい腕もってる。
gisoku4


リハビリセンターというよりも駐輪場みたいだけど、みんなせっせと頑張って社会復帰をめざしている。
gisoku2


宿泊しながら自分の義足の順番を待つ人たち。待ってるうちは退屈そうですけど、「義足ができたらすぐ働くんだ」と鼻息は激荒のようです。
gisoku3


興味がある人は、僕の出張中にスリランカに来れる人なら連れて行ってあげられますけど。

チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>


2009年10月07日

日本のあの祭りのことを話したら、インドの工場内で驚きのグルーヴ感

 いろいろなお祭りがあり、インドはとくに面白いお祭りがたくさんあるよ、とインドの取引先が僕に話した。

世界で通用するようなエキセントリックな祭りなら、ひとつ日本にもあると記憶している僕はさっそくインドの人達に、あの例のお祭り(正式名称は知らんけど)の概要を話し、ネットで写真をみせた。

すると、
工場内は驚きのビッグウエーヴが起きたようにグルーヴを感じ、質問攻めにあった。

名誉なことなのかわからないが、世界レベルのビッグインパクトのようだ。

今夜、チェンナイ空港からコロンボ経由で明日日本に帰国予定。ひゃー長かったダス。

チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年10月06日

インドの革なめし工場

 本来のチェンナイの10月はちょっと涼しいらしい。
でも、僕がここに来てから一日も涼しい日がない。雨も降らない。

すごく暑いのに、毎日停電が起きる。エアコンは使えず、ネットも使えない。

スリランカも異常気象でキャンディなどは毎日土砂降りで、ジャンボ象さんの制作が何ヶ月も遅れている。

世の中おかしな天気でうまくいってないことが多いが、今回の海外出張も明日でおしまいだ。

明日の夜にコロンボにちょっと戻ってからすぐに成田行きの飛行機で帰国予定。

今日は革のなめし工場に行ってきたが、暑くてバテた。工場内では、外人の僕が珍しいらしく、つねにギロギロ見られていたが、工場の社長が丁寧に全てのプロセスを説明してくれて、雰囲気もいい工場だと思った。

インドの人達の運転は激しいが、高速道路の真ん中でヤギの大群がいたり、逆走してくる3輪タクシー、高速道路なのになぜか牛車が走っていたりと、笑える状況を越えて命の大切さを確認できると思う。

ヨーグルトごはんとか、なかなか慣れないが、今日はチャーハンにケチャップをかけて食べた。すごく美味いと思った。オムライスみたいで美味しかった。

明後日は自宅で味噌汁とか食べれるなオラ。
チェリオ

indy2


indy1


indy3


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

インディジャケットの冒険

 Hi、 インドのチェンナイからです。
ここ一年のうちで当社の3階に来たことのある人や、僕が取材された雑誌なんかを見た人ならもしかして知ってるかもしれませんが、実はインディジョーンズのジャケットを密かに製作中で、いろいろな資料や試作品がミーティングテーブルの周りに転がっています。失敗作のジャケットを着たマネキンも突っ立っています。

実は僕の商品開発のベースにはジャングル系の冒険的コンセプトが常に入ってます。当社のウェブサイトのトップページにも「僕らの冒険が世界を変える」と書きました。ラジオぞうさんのメインコーナーも「冒険的トークショー」です。

いままで自然系素材を伝統的プロセスで、ぞうさんペーパーやオーガニック食品、最近だとぞうさん緑化マットなど、いろんなものづくりをスタッフと力を合わせてきましたが、そのベースに実はジョーンズ博士がいつもいました。

特にパート1のレイダースのインディに強く影響を受けました。なんどもお宝を横取りされても、諦めずに粘り強くアーク(聖櫃)を獲り返しに行き、敵にひとりで立ち向かっていくチャレンジスピリッツと蛇のようなしつこさは、僕のビジネスのお手本だと密かに思っていました。

いままでも、たとえばスリランカのペットボトルリサイクル工場の頓挫の時や、ワシントン条約でぞうさんペーパーの輸入許可が1年くらい下りなかった時や、赤字決算や資金練りでショッパかった時や、古いスタッフが辞めてった時や、食あたりでマイッた時や、長期出張で帰国したくてしょうがない時や、チクングンヤ熱にかかった時や、その他いろいろピンチのときはいつもインディマーチが頭に流れてきて、なんとかソリューションを見つけてきました。

余談ですが、ぞうさんペーパーの工場の近くで「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」が撮影されました。仕事の合間にロケ地にも見物に行きました。

さて、チェンナイではジャケットとサファリシャツ、パンツのサンプルの最終段階のプロセスを行っています。

ジャケットはとりあえず、カウとシープのレザーをセレクトしました。

革のなめし工場の人達と一緒に映画のDVDを見ながら話し合い、伸ばすとかっこいい色が浮き出るレザーを採用しました。

サファリシャツはコットンとリネンの2種類、できるだけ映画のインディの着ているシャツのヨレヨレ感が出せる素材をチョイスしました。

パンツは本来はウールらしいですが、僕がDVDで何度も見たかぎりでは、どちらかといえばコットンに見え、経験上でも暑い国ではコットンのほうが向いていると思い、あと馬を走らせる時などもコットンのほうが膝など突っ張らなくていいと思ったので、今回はウールっぽくも見えるクラシックなコットン生地をチェンナイの問屋で探しました。

すごく時間がかかりますが、チェンナイの革職人さんはとても楽しんで取り組んでます。

DVDで素材を視察しているのに、ストーリーに大喜びしていました。インディの映画をはじめて鑑賞したらしく、とても興奮していました。「俺達はカブトムシは食べない」と怒っているインド人職人もいました。

満足いく精度で完成したら、貴重なアドバイスをいただいたインディマスターのみなさんにまず一番最初に袖を通してもらいたいと思っています。

妥協したくないので完成日は決めてないですが、12月には世に出したいと思ってます。

チェリオ

インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》 [DVD]
インディ・ジョーンズ レイダース 失われたアーク《聖櫃》 [DVD]
クチコミを見る


31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

2009年10月04日

チェンナイからダス。

 今日からインドにいます。日曜日ですが働いてます。
チェンナイです。朝4時にコロンボ空港からチェンナイに到着。

通関でインド人が横入りばかりしてくるので「ちゃんとならべよコラ」と言ったら「チッ」とやられた。

あいかわらずチェンナイの町はずれは野良牛だらけ。
たぶん寺の牛がウロついているのではないかと取引先社長の情報。

オスが生まれると、飼い主は寺にオスの赤ちゃん牛を連れて行くらしい。

さて、
ランチにチェンナイの韓国料理レストランへ行きました。ブルコギとビビンパ食べました。

インドでの話を少々。

自動車メーカーのスズキは、インドに何十年も前からいる。なのに、最近インドに来たヒュンダイにどんどんシェアを獲られている。

携帯電話はLGやサムソン、ノキヤばかり。
日本企業はどうして売らんのかな、不思議ダス。

家電はほとんど韓国。エアコンなど。
町の看板も日本企業少ないダス。

韓国料理レストランでヒュンダイの社員達と遭遇&ちょっと話したが、やたらギラついてパワフルでした。たぶん毎日ムチャクチャ仕事してるんだろうな彼ら。まー、いい人達でした。

「日本企業の若い連中はぬるい。テロなどあるとすぐ帰国する。俺達は一生ここでやる覚悟。お盆とか言ってなんだかんだ帰国する。現地の休日も現地の人達と同じように休む。日本人はぬるいね。」らしい。

「俺は最近まで内戦してた国で10年ちかくビジネスやってるぜ」と話したら、「そうか、でもスリランカでも今はサムソンやLGのように韓国のブランドのほうが人気だぜ。」だそうだ。

確かに町や空港などの看板をみても韓国企業が目立つ。
町で走っている車も日本車は中古車ばかりで、新車はインド車、中国車、韓国車が目立つ。ちなみに僕は今回マレーシア製の車で移動してました。

たいしたコストじゃないんだから、大企業のメーカーやブランドも空港に看板くらい出してもいいと思うけど。

チェリオ

31044140.gif←本日もクリックありがとうございます<(_"_)>

nishada at 21:28|この記事のURL
ワイルドファンキーストア
wfsバナー

世界で最もファンキーな
オンラインショップです。
IndyGoods.COM
bnr_indygoods

インディジャケットなどの
オンラインショップです。
最近のコメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
アーカイブ