やめようよ!人をすぐに非難してあざ笑う習慣と報道

5月14日(金)<やめようよ!人をすぐに非難して喜ぶ習慣と報道>例えば【高齢者の逆走】。高齢者って言うけれど、4車線の道路の中央が盛り上がっていて、信号の停止位置から中央分離帯の先の道路が見通せない場所もあり、30年以上の運転歴のある私も間違いそうになるこ

5月10日(月)ホームページを刷新します。当院ホームページもだいぶ古くなり、スマートフォン未対応であったりセキュリティー上の問題、Google検索掲載上の問題もあり刷新することとしました。未だこれから取材を受ける段階ですが、分かり易いホームページにします。ブロ

4月23日(金)5月、8月の休診日のお知らせ。5月の休診日(休業日)は暦通りです。5月1日(土曜日)営業します。5月2日~5日 休業日8月のお盆休み。8月15日(日)~8月22日(日)それでは

私達の自然ではなく、自然の中の私達。よって呼吸して今生きていられることは普通のようで奇跡。見えない微生物や摂取される異物等との戦いを勝ち抜いている証です。

4月9日(金)私達の自然ではなく、自然の中の私達。呼吸して今、生きていられることは普通のようで奇跡。見えない微生物や摂取される異物等との戦いを勝ち抜いている証です。アスリートの試合前ルーティーンのような長いタイトルとなってしまいました。<ソメイヨシノを愛

民衆の方が【コロナウイルス感染症】への答えを明確に出していると感じます。

4月1日(木)民衆の方が【コロナウイルス感染症】への答えを明確に出していると感じます。<<たくましく生きるスギナの子>>人間も、他の動物と同じようにこの大自然の中で生きています。ビルや道路が幾ら作られても地球にとってみれば微生物に感染したり時にお腹を壊しなが

オンライン診療環境整備について。

3月26日(金)オンライン診療環境整備について当院は、以前よりオンライン診療を実施していますが導入当時からの業者様の説明内容と、今月発令された厚生労働省の説明は大きく異なっており、「スマホによるお手軽な受診」などといった業者さんのキャッチフレーズとはかけ

ニキビの治療例(閉鎖・開放面皰偏)

3月19日(金)ニキビの治療例(閉鎖・開放面皰偏)ニキビは、正確には面皰が形成された毛包のことで毛包や皮脂腺は何度も炎症を起こし皮脂腺皮膜は壊死して穴が開き、大きさを保っていた皮脂腺が真皮に漏れることで皮脂腺肥大が生じています。また、毛包壁は度重なる炎症

からし菜畑と桜(春ですね)

3月17日(水)からし菜畑と桜(春ですね)いつも綺麗だな~と思いつつも通り過ぎてきた開平橋の土手で車を降りてみました。19℃もあり、窓全閉では真夏のような車内温度になり、エアコンを入れると動力性能が極端に低下する車。それがサバンナRX-7。窓・サンルーフを全開

シミ・肌荒れ注意報:頬骨の上・こめかみのお肌を触ってみましょう。

3月12日(金)シミ・肌荒れ注意報:頬骨の上・眉の横のお肌を触ってみましょう。昨日は、一日を通して肌荒れの進む危険を体が察知しました。肌荒れの予感は顔に手が行く回数と手で触れた肌の痒み、凹凸が物語ります。頬骨付近のお肌、眉の横(こめかみ)付近のお肌を触れ

旧車でぶらり旅(白石峠)

3月10日(水)旧車でぶらり旅(白石峠)休日も何やかやと雑務があり結局一日が終わってしまうこの頃。今日は早朝から手早く終わらせて3時間の自由時間が生まれたので青空で雪も無く安心して行ける峠へ車を走らせた。定峰峠を目指して都幾川村の県道172号線に乗る。せっか

久しぶりに好きなことに没頭。

3月7日(日)7の付く日はセブン(RX-7)の日。ここ最近、真面目な記事ばかりだったのでちょっと外しますm(__)mサバンナRX-7(後期型FC3S)に15年前から乗ってます。壊れて壊れて壊れつくし、ブロー寸前な場面が何度もありましたが何とか復活し、エンジンもOH(オーバー

「花粉皮膚炎?」それ、ちょっと待って!

3月3日(水)「花粉皮膚炎?」それ、ちょっと待って!昨日はひな祭りでしたね。今日は休日で、朝から銀行に行ったり八百屋に行ったりでバタバタし、日暮れ間際に地元近くで開花した「安行寒桜」を見ることができました🌸今日は、私がいつも大切にしてることについてお話し

2月23日(火)スキンケアも体調管理も一日にしてならず。開院当初より、日常的な痒みの本質を「分泌物増加」に絞り、快適性に甘やかさない予防的生活を送ることがかゆみ・湿疹・皮膚炎・ニキビ等を発症させないために重要ということを主軸にしてきたのが私の皮膚診療の本

当院はエアロゾル感染対策施設です。

2月15日 当院はエアロゾル感染対策施設です。当院は、コロナウイルス感染症が話題になる以前から、PM2.5やマイクロプラスチックといった有害微粒子のエアロゾルが、慢性鼻炎や呼吸器感染症を起こし易い、或いは悪化させやすい条件(経路)を生体側に毎日のように形成して

殺菌+消毒+ワクチン接種=変異株(耐性株)作成。

1月23日(土)殺菌+消毒+ワクチン接種=変異株作成<種族保存の法則>どんなに痛めつけられてもかろうじて生き永らえた種族が増加し勢力を伸ばす。これは種族保存の為の自然法則です。<殺菌+消毒+ワクチン接種=変異株作成>抗生物質だけに頼れば耐性菌が増え、変異

↑このページのトップヘ