May 27, 2019

リミットブレイカーの夏。

こんなに暑い日が続いたら、セミたちもきっと外に出たくなってるでしょうね。

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜リミットブレイカー〜、
千秋楽公演が終わりました。
最高の芝居をやれたと感じています。
熱く熱く熱く、美しく、楽しく、全ての瞬間を全力でやれました。
僕も、俳優たちも、スタッフたちも、観客の皆さんも、最高のリミットブレイカーだった。
そう信じてます。

もちろん、「リミットブレイカー」その人である今泉を演じた猪野広樹さんは、まさにリミットブレイカーでした。
彼がスケジュールの都合で皆より遅れて稽古に合流した日、現れた途端に見せた猛然たるエース振りは強烈でした。
改めて皆のケイデンスが上がったのを覚えています。
彼が不在の時のアンダースタディ(代役)として稽古場で頑張ってくれた若い俳優のことを、猪野さんはある日のカーテンコールの挨拶で名前を挙げて感謝を述べ、「彼とふたりで作った今泉です」と言いました。
その時の観客の皆さんの拍手は特別遠くまで届いているように感じられました。

今泉役の猪野さんが稽古場におらず、また、小野田役の糠信さんが初舞台のためにまだ演技を作る途中だった頃、主人公3人組のひとりである鳴子役の百瀬朔さんは、とことん稽古場を牽引しました。
楽しいシーンを楽しく、熱いシーンを熱く、そしてどんなシーンも奥深く優しく。
今作の物語の鳴子は、コース後方で苦戦する総北メンバーからたったひとり前方へと抜け、先頭集団にくらいつき、仲間が追いついてくるまで孤軍として戦うのです。
まるで本当に鳴子の戦いが、芝居づくりに反映されているかのようでした。
これほど最高の鳴子っぷりがあるでしょうか。

------------------------------

座長として、シリーズの主人公・小野田を演じた糠信泰州さんは、今作が演劇作品としては初出演の機会となりました。
成し遂げる方法がわからないほど、とても難しい仕事だったはずです。
ですが彼は努力に努力を重ね、創意工夫し、時に先輩に助けを求め、ひたむきに取り組み、ついには見事な小野田となって道を走り、僕ら皆に、最高の舞台をプレゼントしてくれました。

千秋楽の本番直前、僕は彼と握手をしながら、
「皆を頼む」と挨拶をしたのです。
その時の彼の返事は、
「任せてください」でした。
初舞台の彼が、どれほどの決意と覚悟でその言葉を言ったのか。
強く、熱く、優しい握手でした。

2013年に、この作品の最初のインターハイ編をやれると決まった時、当時の座長である村井良大さんが、本番直前、僕にしてくれた握手の力強さを思い出しました。
あの時も彼は、
「任せてください」と言ったのです。


他のどのメンバーも最高の仕事をしたのですが、皆のことを書くと長くなりすぎます。
また時折り、ブログに書きますね。
最高のエースとエースアシストたち、そして後方でエースの勝ちを願う各チームのメンバーたち、伝説の先輩たちの芝居を練って練って練り上げた2人の俳優、その全てを運んだパズルライダーたち。
素晴らしい出来事と芝居づくりが、沢山あったんです。

-------------------------------

千秋楽の舞台を終えて東京へ戻ろうとする僕のところに、運営スタッフが走ってきて、プレゼントをくれました。
今作のために街を走った、リミットブレイカーのアドトラックの、ミニチュアモデルです。
とてもとても嬉しい。
渡辺航先生から頂いた今泉の色紙と一緒に、写真を撮りました。

写真 2019-05-27 10 16 42


nishidashatner at 19:03コメント(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote
diary:N氏の普通日記MIX 

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星