数行レビュー

November 22, 2009

『2012』、見た。

以下の日記は、映画の内容に触れてるので、
全然内容知りたくない人は、読まないでください。
でも、僕としてはまあ、
この日記を読んでから見ても、
全然面白い映画だと思います!







『2012』。

単なる災害映画ではない。
僕らが、小さな家族であることから一歩前に進みだし、
大きな家族になる可能性を描いているのだと思った。
家族になるために、
あんなに巨大な試練を乗り越えなければならないなんて困った話だが、
実際まだ僕らは、
よほどのことがないかぎり、お互いを他人だと信じて疑わないような原始時代に生きてる。
僕らはきっと、有史以前に生きている。

一番好きなシーンは、
主人公一家の、今のパパと、前のパパが、
お互いになんとか仲良くなろうとするところである。
ふたりのパパが協力して、
この家族は生き残ろうと頑張る。

それと、この映画を見て、中国が今までよりも好きになった。
ロシアも少し好きになった。
エメリッヒ監督は、大きな仕事をしてるなあ。

あーそれにしても、
向こうの役者は皆、
芝居がうまい。
子供ですらうまい。

CGなどの特殊技術もすごいけど、
CGやマットアートを背景にしても、
あれだけの演技をやってのける俳優。
それを演出できる監督やスタッフ。
そこが素晴らしい。

日本の作品で、
CGがCGっぽいのは、
CG技術ではなく、
演出や演技力の問題の方が大きいんじゃないかな。

エメリッヒ監督は、この作品の続編を構想しているというけど、
そういえば、
いろんな人の死ぬシーン、
「もう絶対死んだ!」としか思えない感じにはなっているものの、
死ぬ瞬間そのものや、死体などは、
たいてい、映し出されていないのである。
……ってことは、続編がもしあったら、
彼らが実は生きてたってことがわかるかもしれない。
だったらいいな。

-----------

さ、僕も、
僕の仕事をしよう。


nishidashatner at 20:39コメント(1)トラックバック(0)  このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote