公明党の太田昭宏代表と対談させていただきました。

夏に行なわれる参議院議員選挙にむけての、

日刊スポーツ新聞社が行う企画として読者に「選挙」と「政策」、

情報を提供し、参議院議員選挙へ選挙熱をたかめるために、

各党党首・代表クラスとの対談が各々に行なわれるそうです。

それに人選してもらいました。

こりゃ、畑違いだしなぁ・・・

何を話せばいいのかと思っていたら、

記者の方に、「そんなにむずかしい話しじゃないですよ、

相撲の話しでもして下さい」

・・・(相撲の話ししかしらないけどなぁ・・・と思いながら^^;)

とりあえず、元 力士らしく着物で と (^^;)

と 言う事で実現しました〜!

実は太田代表は昔 浅草橋に住んでおり、

当時の高砂部屋の近所と言う事もあり、

17、8の頃から知っていたんです。

それに、学生時代相撲をしていたという経歴を持っていましたから、

相撲がとても詳しいんです。

公明党の党本部内、テレ朝のコメンティーター三反園 訓さんが、

口火を切り話しが始まりました!

三反園 訓さんも実は昔、大相撲ダイジェストの方も担当していて、

「北尾、水戸泉の取材もしたんだよ」と聞かされたのには、

驚いたなぁ〜。(忘れていて申し訳ありません^^;)

太田代表

 

相撲の話から、政治の話と、

 

 

ためになる話を聞きかせていただきました。

公明党が身近なところに目を向け、

住みやすい街づくり、教育問題、福祉、少子化問題・・・

ちょっとした気配り、それが大事な第一歩。

考えさせられました。

対談の中で「必ず投票いは行って休すんだことないんです」

ちょっと自慢したんだけど(^^;)、

太田代表から感心されました。

本当は母親が、「投票は必ず行きなさい」と、

入門して成人式を迎えるときに言われたんだけどね。

なにはともあれ、無事に終わりました〜!

太田代表1

 

最後は腕相撲ショットで!

 

 

政治家は本当に大変なんだなぁ。

住みよい町、暮らしやすい町、期待してます〜!