2007年07月28日

「軌道修正」

自分に腹が立つ・・・。なんとかしたいと思いつつそれが表現できない時・・・。自分に失望する・・・。情けなくなる・・・。無力・・・。虚しい・・・。負の感情のオンパレード・・・。現実に起きている出来事の浮き沈みと自分の内面的な浮き沈みは必ずしも比例しない。現実の振れ幅が大きく、内面の振れ幅が小さい時、自分は強いと実感する。逆に現実の振れ幅が小さいのに、内面の振れ幅が大きい時、自分の弱さに気付かされる・・・。「思いつつ表現できない・・・」そんな時は現実が変化せざるおえないくらい何かを工夫すればいい。愚痴を言ってる暇はない。血眼になってその何かを探し当てなければ。試合後に少し離れた場所に用事があったため電車に揺られていたが行きの道中は昼間の炎天下の試合と自分のデキにすっかり憔悴しきっていた・・・。這うように辿り着いたが、用事の先でそこの先生の優しさに触れ力をもらえた。昼間の外気はあんなにも過酷なのに夜の空気はうって変わって沈んだ自分を慰めてくれる。少し遅めの夕食を客がいない小さなカフェで代表戦を
見ながらとった。食事もおいしく感じたし、明日からもう一度やり直そうと決意できた。この数時間に色々な思いが自分の中を巡った。うーん・・・。たまにあるこういう時が。人目にはまったくわからないかもしれないが定期的にやってくる。超マイナス思考な自分、危うい心境、一歩踏み出す方向を間違えればすべてが崩れ去りそうながけっぷちを歩いている感じ。このスリルがある意味自分を強烈に実感させてくれる。なんとかしなければ。心の定期点検がまたやってきた・・・。自分を自分でいい方向に導くかねば。悪い方向にも行きかねないが、何かを生み出すのもこういう心境の時。大事にしなければ。まずはよい思考、そして前向きな言動、さらにそれを続ける根気。そうやって過ごす時間が自分を正しい方向に軌道修正してくれるはず。久々のネガティブ日記になってしまった。明日からがんばります!
  

Posted by nishimura_takurou at 23:33