2006年01月09日

インターンシップ

1月9日

お久しぶりです!

off中は話題はたくさんあるんだけど、パソコンの前にゆっくり座る時間が

なかなかとれないのがつらいところ・・・。

近況報告。

6日、7日でインターンシップで{株}ジェイ・スポーツ・ブロードキャスティング

にお邪魔してきました。インターンシップってのは簡単に言えば社会科見学みたいな

感じ。Jリーグ選手の引退後のセカンドキャリアというのが最近問題になっている

んですが、選手のうちから色々な分野の職種を見て、引退後の人生設計に役立て

ようみたいな感じのありがたい企画です。

自分は昨年のoffにも宮澤ミシェルさんのラジオ収録や、サッカー教室の企画、運営

をしている{株}スポーツマネージメント、福永さんのセリエAの解説などの

インターンシップにも参加させてもらいました。

今回のインターンシップを作ってくれたのはJリーグキャリアサポートサンターの

重野さんと、Jスポーツの製作部にいる渡辺穂高さん。去年から始まった企画で

前回は湘南の加藤望さんがやりました。今回は自分とアルビレックス新潟の

鈴木真吾選手。

この場をお借りして重野さんと穂高さんにはお礼を言いたいと思います。「ありがと

うございます!」

今回は何をするかと言うと、マンチェスターユナイテッドVSマンチェスターシティ

のダービーマッチの解説をやります!収録が16日で放送は次の日だったかな???

正直不安・・・。去年のやっさん{福永さん}の解説を観に行った時、自分だった

らという視点で見てたけど難しいと感じたし・・・。

6日、7日は何をしたかというとJスポーツという会社が何をやっているかという

事から資料の確認や下準備など。そこから話が盛り上がり、Jリーグとチームと

テレビ局の関係や、放映権料などが与えるリーグ、選手への影響など、選手を

しているだけでは気がつけない事をたくさん知ることができほんと楽しかった!!!

それにしても穂高さん!あなたはすごい!説明もほんとわかりやすかったし、深い

洞察力などにも恐れ入った。サッカー界に携わる人とは結構たくさん知り合うん

ですが、久々に衝撃を受けた出会いでしたね。指導者ライセンスの時のFC東京の

城福さん、{株}スポーツマネージメントの脇田さん以来かな〜。

自分の仕事に対して情熱を持つってことはもちろん大事だけど、その結果が自分に

しか返ってこないものではちょっともったいないと思う。自分のことしか考えない

人は結局自分の問題だけにつまづき続けるということを聞いたことがある。

自分の情熱の結果が「より多くの人のため」、「より多くのもののため」、

「より多くの世界のため」に影響を与えることならそれはやはりすごいことだし

自分もそうありたいと思った。3人に共通して言えたのは仕事に対して情熱を

持つことはもちろん、その意識が自分だけのことにとどまらず、「サッカー界ため」

など広い方向に意識が向いているなと感じたこと。また仕事を楽しんでいるから

見ている側に押し付けがましく感じさせない。とてもさわやか。これってすごく

大事だと思う。悲壮感があると見ているほうがプレッシャーを感じますからね。

俺はこれだけやってるんだから、君もやれよって感じさせるのと、自分はこれを

やっていてこんなに楽しいんだよってことを伝えるのとは全然質が違うと思う。

自分もそう在りたいと改めて思いました。

16日の収録もがんばりま〜す!!!









Posted by nishimura_takurou at 16:50│