S様邸の外壁・屋根の塗装工事は、天候不良も
有りながら、一通りの塗装工程が完了し足場を
解体してお引渡しとなります。

使用材料はAGCコーテックの『ボンフロン』と
いう塗料を施工しています。

ボンフロンは高耐候のフッ素塗料を超える耐候性
があり、その期間は次回の塗り替え時期まで20
年!の超高耐候塗料です。

その耐候性をしっかりと出すためにはメーカーの
基準に則った施工が必要です。

ケレン、高圧洗浄を今まで通りに終えてから
錆止めの施工となります。

InkedA0713000_LI


InkedA0713001_LI


錆止めの施工中に膜厚を確認しながらメーカー
基準の塗布量を守っています。

InkedA0720000_LI


InkedA0724000_LI


InkedA0720001_LI


上塗りの工程でも、膜厚を確認して基準塗布量を
守りながら施工しています。

塗料メーカーの耐候性を出すためには、メーカーの
基準を守ることが一番重要となります。

良い塗料を使用性も施工が雑であれば、すぐに
劣化症状が出てきます。
しっかりとした耐候性をお客様に提供できる塗装
工事を今後とも心がけて施工していきます!

住宅塗装のことなら何でもお任せください!!

美しい家・きれいな街並みを創るプロ集団
株式会社 ニシムラ塗装