M様邸の工事で、雨漏りの腐食部分の改修、外壁や
屋根の塗装工程を続けてご紹介させていただきま
した。今回はコーキング工程をご紹介いたします。
一連の流れで少しでも塗装工事に対する正しい施工
内容をご理解いただけましたら幸いです。

まずは、既存のコーキングを撤去します。
外壁との取り合いにカッターをいれて剥がして
いきます。

Inked住吉歯科 千歳市_210808_10_LI


コーキング撤去後に、プライマーを塗布して
切口側との密着性を高めます。
この作業が無いと、コーキングと外壁の取り合いに
隙間が生じやすくなります。

Inked住吉歯科 千歳市_210808_9_LI


コーキングを打ち込んで、ヘラで均していきます。

Inked住吉歯科 千歳市_210808_8_LI


Inked住吉歯科 千歳市_210808_7_LI


マスキングの養生を撤去してコーキング工事が
完了となります。

Inked住吉歯科 千歳市_210808_6_LI


窯業系の外壁材の場合は、基本的にコーキングは
この様な脱着施工をお勧めします。
劣化部の補修程度の施工や、既存のコーキングの
上から被せて施工する上打ち施工は、コーキング
が長持ちしないので注意しましょう!

正しい施工で、大切なお住まいを長持ちさせるため
の塗装工事はニシムラ塗装へお任せください!!