今回はO様邸の工事で施工したコーキングに
ついてご紹介します。

コーキングは、厚みや幅をしっかりと確保
しないと弾力性や耐久性が保たれずに、切れや
割れなどの不具合が発生しやすくなります。
そのために、既存の古いコーキングはカッター
を入れて撤去して打ち直しすることが一番大切
になります。

窯業系の外壁材において、古いコーキングの
上から補修するような上打ち施工は、厚みが
確保されずに薄く延ばすだけの施工になるので
耐久性が保たれず、すぐ劣化してしまいますので
絶対にやめましょう!
せっかくの塗装工事で綺麗に仕上がっても
コーキングの劣化部分から雨水が入り外壁材の
腐食にもつながります。

既存コーキングの撤去の状況
カッターを入れて綺麗に撤去します。

InkedLINE_ALBUM_尾崎様邸 新中野町_220415_4_LI


プライマーを塗布してコーキングと外壁の密着性
を高めます。

InkedLINE_ALBUM_尾崎様邸 新中野町_220415_3_LI


コーキングを充填し、ヘラで押さえてコーキング
を仕上げていきます。

InkedLINE_ALBUM_尾崎様邸 新中野町_220415_2_LI


InkedLINE_ALBUM_尾崎様邸 新中野町_220415_1_LI


廻りのマスキングテープを撤去してコーキング
工事が完了となります。

InkedLINE_ALBUM_尾崎様邸 新中野町_220415_0_LI


塗装工事と同じようにコーキングも施工の
仕方で耐久性が大きく変わります。
雨漏りや外壁の腐食にも繋がってきますので
正しい施工で、お住まいを長持ちさせること
が大切です。

住宅塗装のことならニシムラ塗装へ!!