2016年07月23日

1週間続いた剣道道場の、早朝暑中稽古。
無事かいきーん\(^^)/
毎朝5:15からの稽古はなかなかこたえた〜(>_<)
1日の生活にもかなり影響するんだな。
初日とか1日ポヨンポヨンだったもんね、朝から酔っぱらってるみたいに(笑)
でも人間、慣れてくると4時にスパパパパーンと自然に起きるようになる。
順応していくんだな、慣れってすごい、たいしたもんだ。

image


子供たちも大勢毎日元気に通って来て。
道場の玄関で「ヤダー!!」って言って寝そべって動かない子もいて。
元気もらうよぉ、子供たちからは。
1週間の毎日の稽古でどんどん成長して、上手になっていくのが目に見えてわかって。
彼らから学ぶこと多い、ホント。

大変なのは、送り迎えの親御さんたち。
仕事前に早起きして、グズる子供達を叩き起こして、送り迎えをガンバったお父さんお母さんたちに、ハナマル〜💮👏
熱心なお父さんお母さんたちの姿勢は、子供達にもバッチリ伝わってるね、きっと。

剣の道。
剣道は競技のひとつではあるけれど、その"道"を探して歩んでいくもの。
"道"なんだなあって、この数ヵ月意識を剣道にググっと持っていって、稽古に打ち込んでみて、あらためて思ったこと。

己の前に道はなし、己の後に道開ける

自分の前に全く道はないんだけれども、歩もうとすると、少しずつ前に進んでる自分がいるのがわかる。

少しずつ少しずつ、そういうことを教えてくれているのがわかる。

稽古をする度に、剣を交える度に、禊となって、心身が清められていくのがわかる。

そして、確実に自分の血と肉と骨になっていくのがわかる。

そういうことが、少しずつだけど、ほんのちょっとずつだけど、わかるようになってきた、ということを実感できているよろこびは、何にも代えられない、有り難いこと。

ある目標に向かって。
益々精進するのみ。

image
今朝の稽古前の空。不気味なくらいのまっすぐな線から、朝陽が昇りました。


では、今夜も愛する人の顔を思い浮かべながら、ゆっくり休んでくださいね。
おやすみなさい。


nishinosono at 21:22|│コメント(2) 日記