萩の歌松平修文『水村』

2008年10月17日

草の実


 草の実は秋の季語(たぶん)
 俳句だと猫がつけて通ったり(たぶん)

●弄ぶ風の中にて懸命にささげゐたりし草の実の黒  河野愛子
 

nishiogi_parasol at 17:23│Comments(0)TrackBack(0)マイ名歌/季節/秋 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
萩の歌松平修文『水村』