草の実天使突抜一丁目

2008年11月03日

松平修文『水村』

 一首一首ひいてくるというルールからはずれて、
 たまには、ものすごく好きな歌集からひっぱってみたり。



 魚はながれくるもみぢと出あひ少年は丘の上で雲とすれちがひたり

 あめんぼう ゐぐさ とうすみ さぎ うぐひ 飼ひならす娘は名を「川」といふ

 きみを思はぬ日はなく松の花にふる雨に濡れむと岡にのぼるも
 
                      松平修文『水村』

nishiogi_parasol at 02:26│Comments(0)TrackBack(0)マイ名歌/季節/秋 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
草の実天使突抜一丁目