新年の歌朗読in荻窪・名曲喫茶。7月

2009年05月29日

一番やっかいでこわい

 
 日記にはげしくむいてない性質のようです。え、もう6月。
 仕事では、はたして「進化系」は「進化形」が正しいのんかどうか悩んでいます。

 ●

 映画「ミザリー」を見ようかどうか迷っていてあらすじを探していたら、 
 「自分の正当性を何の疑念もなく信じている人が、一番やっかいで怖い」という感想を発見。
 
 うん、どこでもそうだね、短歌でもね。

nishiogi_parasol at 02:19│Comments(1)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 雨宮 司   2010年09月08日 14:50
4 『ミザリー』といえば、キャシー・ベイツの出世作ですね。どんな幽霊や妖怪よりも生身の人間の情念の方が恐いと思い知らされる映画です。『グリーンマイル』等と並んで、スティーブン・キングの原作のテイストを上手く掬い取った映画です。
 それでは。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
新年の歌朗読in荻窪・名曲喫茶。7月