朗読in荻窪・名曲喫茶。7月2014年の文学フリマ

2013年10月28日

文学フリマ参加


 おひさしぶりです。
 ちょっと元気になってきたので「別腹」も来年あたりに再始動しようかと思います。

*文学フリマ ひさびさに参加します。

2013年11月 4日(月祝) 「第十七回文学フリマ」 
東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分

サークル名「西荻パラソル日和」
スペースナンバー「ウ-38」
ジャンル:詩歌|俳句・短歌・川柳

頒布物
・「別腹」バックナンバー
・既刊歌集 佐藤弓生、柳谷あゆみ、飯田有子/佐藤弓生によるゲリラ販売タイムあり(12〜13時)
・短歌しおり6種(クリア素材/短歌佐藤弓生、柳谷あゆみ、飯田有子)
・短歌ポストカード7種(短歌・飯田有子、イラスト・ウメコ)
・短歌いりイラストミニブック(短歌・飯田有子、イラスト・なかはら)
・フリーペーパー「別腹準備号」 : BL俳句・佐藤弓生、イラスト・なかはら 他

 BLってえのは、ボーイズラブのことですね。てへ。
 
 また、今回、同イベントあわせで発行のBL短歌誌『共有結晶』2号に、詩人の川口晴美さんとの対談で参加しました。
 
 BLにはまえから親しんでいたのですが、「共有結晶」さんを読んで初めて、自分のなかで短歌と結びついたのがとても新鮮でした。

 同じく発行の共有結晶別冊「進撃短歌」合同誌、『壁外拾得物・分類番号3102-11-004』 には、「進撃の巨人」を背景にした短歌を寄せました。二次創作として短歌をつくるのはほぼ初めて。
 
 過酷な世界におかれた一兵士が歌やつれづれををかきとめた手帖が遺品として市に流れてきた、という設定の、装丁も凝った冊子です。
 川口晴美さんの進撃短歌がすごくすごくいい……!
  
 二次創作と通常の短歌創作の違いとはなにか、というのが対談のなかでも挙がったのですが、そういう区別から入るより、こういうすごい作品を読むほうが先だなーと思ったのでした。

nishiogi_parasol at 11:22│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
朗読in荻窪・名曲喫茶。7月2014年の文学フリマ