2009年08月24日

会社設立の注意点

今年の夏は、会社の設立依頼がよくあった。

他の事務所同様、お客様と面談をさせて頂くときに、設立チェックシートを元に、必須項目を確認していくことにしている。

このときに注意しなければならないことは、多々あるが、一つ紹介させていただくと、役員になられる方が他の法律において常勤が要求されている職に就いていないかどうかを確認することである。

例えば、建設業許可を受けるためには、常勤である経営業務の管理責任者や専任の技術者の配置が必要である。

個人や法人企業でこれらの職にあるものが、その職に就いたまま、別会社の役員になること(別の職業に就くこと自体だめな場合もある。)は基本的にできないことになっている。(但、一部例外がある。)

最悪の場合、許認可が取り消しになることもあるので、会社の役員になるようなときは、”自己責任”においてよく確認することが必要である。

nishiojimusho at 18:09│ 会社設立