西岡昌紀のブログ

内科医西岡昌紀(にしおかまさのり)のブログです。日記の様な物ですが、過去に書いた小説、単行本の文章、雑誌記事、ネット上の文章、などもここに収録する予定です。

2017年12月

On the last day of a year----Final scene of Brothers Karamazov (essay I wrote on the 31st of Dec 2015)

*

 

Everything  is  quiet  in  the  end  of a  year  in  Japan.

 

 

Being  a  Japanese,  I  love  this quietness  of  everything  around  me,  and feel  the  happpiness  of  my  being  born in  Japan  in  the  final  day  of  a year.----My  hospital  is  quiet  now.  streets are  quiet.  Everyone  is  being  ready  to send  this  year  off  and  meet  the new  year.

 

 

When  a  year  passes  by,  I  recall various  memories  in  my  life.

 

 

I  think  about  my  far  memories,  past events,  and  so  on.

 

 

In  such  meditation  in  the  final  night of  a  year,  I  make  it  a  rule to  read,  or  at  least  recall,  the  ending part  of  my  beloved  book--BROTHERS  KARAMAZOV.

 

 

It  is  as  follows.

 

 

 

---------------------------

 

  "Karamazov," cried  Kolya, can  it  be  true  what's taught  us  in religion,  that  we  shall all  rise  again  from  the  dead  and shall  live  and  see  each  other  again, all,  Ilyusha  too?"

 "Certainly  we  shall  all  rise  from again,  certainly  we  shal  see  each other  and  shall  tell  each  other  with joy  and  gladness  all  that  happened!" Alyosha  answered,  half  laughing,  half enthusiastic.

 "Ah,  how  splendid  it  will  be!" broke  from  Kolya.

 "Well,  now  we  will  finish  talking and  go  to  his  funeral  dinner.  Don't be  put  out  at  our  eating pancakes---It's  a  very  old  custom  and there's  something  nice  in  that!" laughed  Alyosha.  "Well,  let  us  go! And  now  we  go  hand  in  hand"

 "And  always  so,  all  our  lives hand  in  hand!  Hurrah  for  Karamazov!" Kolya  cried  once  more  rapturously,  and once  more  the  boys  took  up  his exclamation:

 "Hurrah  for  Karamazov!"

 

 

Fyodor  Dostoevsky(English  translation  by Constance  Garnett) "BROTHERS  KARAMAZOV"(Dover Publications,  Inc 2005) p.718)

http://www.amazon.co.jp/Brothers-Karamazov-Fyodor-Dostoyevsky/dp/151438809X/ref=sr_1_6?ie=UTF8&qid=1451347767&sr=8-6&keywords=The+Brothers+Karamazov+Constance+Garnett

----------------------------

 

 

This  is  the  ending  scene  of  the book--BROTHERS  KARAMAZOV.   It  is  a conversation  between  the  protagonist  Alyosha and  a  young  boy  Kolya  after  the funeral  of  a  poor  boy  Ilyusha.

 

 

 

As  I  am  a  Japanese,  I  love Dostoevsky. (I  am  sure  you  are  all  aware how  the  Japanese  love  Dostoevsky.)   And I  have  been  attracted  to  this  ending scene  of  BROTHERS  KARAMAZOV  since

my  youth.    

 

 

 I recall  this  ending  scene  of  BROTHERS KARAMAZOV  and  feel  this  conversation overlaps  with  my  feeling  about  the people  I  have  met  in  my  life.  To  me,  it  is  natural  to  recall dead  people  in  the  end  of  a year  and  make  their  memories  overlap with  this  conversation  in  BROTHERS KARAMAZOV  above  every  year,  on  the last  day  of  a  year.

 

 

And I  feel  this  sense  of  overlapping  my memories  about  dead  people  with Alyosha's  words  below  deepens  every  year. It  is  probably  because  I  got  old and  people  around  me  have  passed  away.

 

 

 

--------------------

 

"Certainlywe shall all rise from again, certainly we shal see each other and shall telleach other with joy and aladness all that happened!" Alyosha answered,half laughing, half enthusiastic.

"Ah,how splendid it will be!" broke from Kolya.

 

--------------------

 

 

Such  is  my  last  day  of  a year.   Or,  such  is  the  feeling Japanese  have  in  their  hearts  in  the last  night  of  a  year.

 

 

 

Japanese  are  not  simple,  are  we?

 

 

 

 

 

 Dec 31 2015

 

 

 

Masanori/Nori

 



*

(再録)タルコフスキーの命日に(2007年12月)

*
http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/9028010.html



10年前、日付けが1日早かったのですが、タルコフスキーの命日(1986年
12月29日)に寄せて書いた拙文を再録します。



2017年12月29日(金)

西岡昌紀



--------------------------------




http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/7020620.html


(2007年12月28日ミクシイ日記再録)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=667617581&owner_id=6445842



今から33年前の事です。


その年(1974年)の11月の終はりか、12月の初め、新聞に載った小さな広告が、私の目にとまりました。


それは、短冊の様な小さな、細長い広告で、黒衣に身を包んだ僧らしい人物の写真と、その横に書かれた題名だけの、映画の広告でした。


そこには、「当分、上映されません。この機会をお見逃しなく」と言った言葉が有ったと記憶して居ます。


その小さな広告に、何か只ならぬ物を感じた私は、その映画の広告に心を奪はれました。そして、それから間も無く、都内の小さな映画館で上映された、その広告の映画を見た私は、深く心を打たれて、家に帰って来たのでした。



その映画の名前は『アンドレイ・ルブリョフ』。中世ロシアのイコン画家(聖像画家)アンドレイ・ルブリョフの画家としての半生を、想像の物語として描いたロシア(ソ連)の長編映画でした。



その映画を作ったのは、旧ソ連の映画監督アンドレイ・タルコフスキー(1932-1986)で、この作品は、寡作な彼の3番目の作品でしたが、1967年には完成したものの、歴史の解釈を巡ってソ連当局の怒りを買ひ、ソ連国内で、事実上上映禁止の状態に置かれて居た、いわく付きの作品でした。



この映画を初めて観た日の感動は忘れる事が出来ません。そして、映画だけは本当に沢山観て来た私ですが、今日に至るまで、この映画(『アンドレイ・ルブリョフ』)以上の映画に私は出会った事が有りません。



タルコフスキーは、日本映画、特に黒澤明と溝口健二に傾倒して居た事で知られます。新しい映画を作る前には、必ず、黒澤明の『七人の侍』と溝口健二の『雨月物語』を見直したと言ふ彼自身の言葉は、彼の日本文化への深い愛情を物語る逸話ですが、『アンドレイ・ルブリョフ』は、彼の作品の中でも、特に、日本映画の影響が感じられる作品だと、私は思ひます。



そのタルコフスキーは、後にソ連を離れ、1983年にイタリアで『ノスタルジア』を完成させた後、事実上の亡命生活に入ります。


彼はそして、1986年に、スウェーデンで『サクリファイス』を完成させた後、肺癌に倒れ、1986年にパリで他界しますが、その際、彼は、自分の遺体を決してソ連に戻しては成らないと遺言を残したと言ふ事です。



誰よりもロシアを愛したロシアの芸術家が、その様な遺言を残すに至った理由が、ソ連における彼への圧迫であった事は明らかですが、だからこそ、彼のパリでの客死には、心を痛めずに居られません。


今日(12月28日)は、タルコフスキーの21回目の命日です。





西暦2007年12月28日(金)

タルコフスキーの命日に




西岡昌紀






*

The 9th Symphony in Japan

*
http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/9027852.html



Here  is  my  English  essay  about  Beethoven's 
9th  symphony  which  I  wrote  8  years  ago.
I  present  it  here  for  foreign  people  who  are 
interested  in  the Japanese  tradition  of  performing 
Beethoven's  9th  symphony  in  the  end  of  a  year.


-----------------------------------------------------


The 9th Symphony in Japan
2009年12月28日03:35

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1374331833&owner_id=6445842



You may not know that Beethoven's 9th symphony is
one of the annual events in the year end in Japan.


The reason is not known. But this tradition is now a
part of life in Japan in this month. Virtually all the
orchestras in Japan hold concerts of Beethoven's
9th symphony every December.
Western artists of classical music are aften surprised
that Beethoven's 9th symphony is performed in thus
many concerts in this country of Far East.


I am one who esteems this tradition. Since young years,
I have gone to concerts of Beethoven's 9th symphony in
December as many Japanese do. This year was not
exceptional, of course.


On the 26th of December, I went to a concert of Tokyo
Metropolitan Symphony Orchestra to listen Beethoven's
9th Symphony.
       ↓
  http://www.tmso.or.jp/


This year, the conductor was Mr.Golo Berg, a German
conductor.
Reading the pamphlet at the concert, I learnt Maestro
Berg, the conductor, was born in 1968 in Weimar,
meaning he was born and grown up in the former East
Germany.


Being born in 1968 means that he was 21 years old
when the Berlin Wall collapsed. Looking at his figure in
front of the Japanese orchestra, I wondered what he,
Maestro Berg, witnessed and thought when the Berlin
Wall fell down.


This year(2009) marks the 20th anniversary of the
collapse of the Berlin Wall.

So, I wondered the Tokyo Metropolitan Symphony
Orchestra(TMSO), which I love very much, might have
chosen this conductor as their conductor for the
honarable year-end concert of Beethoven's 9th
symphony for his being born in former East Germany.


The pamphlet I got at the concert in Suntory Hall,
however, did not mention such story. ----So, it might
be a mere coincidence.



I listened the 9th symphony from my seat where I can
see the conductor from the fornt. Then, the music came
to the 4th movement.
When their performance came to the early part of the
4th movement, which is the quiet part of the well-known
melody for strings only, before the tenor begins to sing,
I thought about the musicians who performed
Beethoven's 9th symphony for the first in Japan.


They were Germans, as well as the conductor
conducting the orchestra in front of me. They were
Germans and they were POWs of the 1st World War.


They surrendered to the Japanese in Tsintao and came
to Japanese camp in Shikoku, Bandoh as POWs.


They were treated very warmly there and they had deep
warm relationship with the Japanese officers and local
Japanese living around their camp. ----It was June 1,
1918 in Bandoh camp in Shikoku that they performed
Beethoven's 9th symphony as the first performance in
Japan.




(About this amazing history (in German))
http://de.wikipedia.org/wiki/Kriegsgefangenenlager_Band%C5%8D

(About this amazing history(in Japanese))
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E6%9D%B1%E4%BF%98%E8%99%9C%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80



So, when the war(World War I) ended, those German
POWs played Beethoven's 9th symphony in front of the
Japanese who took care of them. (They did not have
female singers but they could manage to perform this
great symphony since they brought many insturments
from their country reflecting their cultural level then.)
I was reminded of those German POWs at the beautiful
quiet part of the early 4th movement.


This is as usual. I recall and think of those POWs
whenever the orchetra comes to the part. It is the
quiet part just before the part tenor begins to sing
″O Freunde(Oh Friends)″ that I recall about them.


Whenever I hear the part, I wonder what was on
their mind when they performed Beethoven's
9th symphony in far Japan as POWs, while they
were aware their homeland was defeated and
destroyed.



Nobody knows what was on their mind then,
when they performed this symphony for the first
time in Japan about 91 years ago.




Listening the part of the 4th symphony, I wondered
whether or not Maestro Berg, who was conducting
the Japanese orchestra in front of me, is aware of
the history this symphony had been performed first
in Japan by the German POWs 91 ago, and then
believed that there is no reason to doubt he knows
this history.


Moreover, I thought he might be able to share the
sentiment of those POWs more better than
conductors from former West-Germany or Austria,
since he is an artist born in East Germany.



I am not saying former East Germany is mimic of
the German Empire of those POWs. Far from it,
I am quite aware that former East Germany
had been hated by East Geramans as well as by
West Germans.---- East Germany was, as every one
knows, a communist state which was only a little
human than North Korea.----I am quite aware
Maestro Berg is never an exception in his attitude
towards former East Germany.
I, howver, thought Maestro Berg must share the
same experience with those German POWs in his
experience of witnessing a collapse of a state
which is so drastic and incredible in his own life.


Then I thought about the German POWs again and
wondered what emotion a European person, I dare
say not a German but a European,
think about Europe when they heard this symphony
----Beethoven's 9th symphony here in Japan. I believed
that Maestro Berg must have shared the same
experience with those German POWs when he
performed the 9th symphony here in Japan that he had
strong awareness of his being a European by doing so.


This notion made me wonder how my European friends
are now in their countries.



It seeme I share a bit of the sentiment of those German
POWs must have had about their dear people in Europe,
when I listen the 9th symphony in December.






Masanori/Nori

真珠湾で献花した東條由布子さん(月刊Hanada 2017年3月号)

(月刊HANADA・2017年3月号より)
https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%88%E5%88%8AHanada2017%E5%B9%B43%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E8%8A%B1%E7%94%B0%E7%B4%80%E5%87%B1%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E7%B7%A8%E9%9B%86/dp/B01MU1D42I/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1512793074&sr=8-1&keywords=Hanada+3

 
 安倍首相が、2016年12月27日(日本時間28日朝)に真 珠湾を訪問した。そのニュースをテ レビで見ながら、私はある人のこと を思い出した。
  それは、東條由布子さん(1939-2013、以下、東條さんと記 す)である。誰もが知るとおり、東條 さんは、1941年、日本が真珠湾 を攻撃した際の総理大臣であった東條英機の孫にあたり、2013年、 間質性肺炎で世を去った女性である。
 
 私が東條さんのことを思い出した 理由は、生前の東條さんから聞い た、東條さんが真珠湾を訪れた際の アメリカ側の対応についての話がと ても印象に残っていたからである。
 
 私が東條さんに初めて会ったのは 1999年であったから、おそらく は1990年代のことと思われる。 東條さんは、ハワイを訪れたことが あった。
 
 それは、全く個人的な旅行であっ た。特別、真珠湾を訪れることを目 的にしたハワイ旅行ではなかった。
  アリゾナ記念館を訪れた東條さん は、まず、同記念館の館長を訪ねたの だそうである。そして同記念館の館 長に、「私は東條英機の孫です」と告 げた。私が印象深く覚えているのは、 それに対する同館館長の反応である。
  アリゾナ記念館の館長は、非常に 驚いた。東條さんは館長に、「自分は 東條英機の孫だが、ここで犠牲者のために花輪を捧げても良いだろう か?」と訊いた。館長は感動し、もち ろんである、と答えたそうである。
  そして、「不測の事態が起こるとい けないから」と言って、東條さんが花 輪を捧げる際、記念館の職員を横に 立たせて、東條さんが花輪を置くの を見守らせた。東條さんの話から判 断すると、アリゾナ記念館の館長 は、東條さんを最大級の敬意をもっ て迎えたようである。
  この話を聞いて、私は「東條さんら しいな」と思った。どこが東條さんら しいのか。東條英機の孫が来たと言 うことで、反発したアメリカ人が何 か不測の行為に及んだりすれば、ア リゾナ記念館に迷惑を掛けると思っ たのだろう。
 
 真珠湾攻撃当時の日本の総理大 臣、東條英機の孫である自分が来た ことを記念館館長にまずは知らせ、 「自分が花輪を捧げても良いだろう か?」と訊いたところ が、実に東條さんらし い。東條さんは、いつ もこうであった。いつ も人に気を使って、自 分を前に出さない人で あった。
 
 私と東條さんの出会 いについてここでは書 かないが、東條さんが他界するまで14年間にわたって、 私は東條さんと懇意にさせていただ いていた。
 
 いろいろなことを語り合ったし、 私の友人を紹介することも多かった が、そんな東條さんについてもう一 つ、ある懐かしい思い出がある。そ れは、私が東條さんにお願いして、 東條家のお墓をお参りさせていただ いた時のことである。

 
 その年、マスコミは、小泉首相が 8月15日に靖國神社に参拝するか しないかを喧 かまびす しく取り上げていた。 そんなマスコミの過熱報道にウンザ リさせられた私は、東條さんに電話 をかけた。
 
 そして東條さんに、東條家のお墓 にお参りさせていただけないか?   とお願いした。身内でも何でもない自分が、そんな厚かましいことをお 願いするのは失礼かとも思いなが ら、思い切ってかけた電話であった。
  だが東條さんは、とても喜んでくれ た。そして数日後、私は東條さんに 連れられて、東條家のお墓の前に立っ た。初夏の晴れた日のことであった。  高層ビル群が近くに見えるそのお 墓の前に、私は東條さんと二人で立 ち、初夏の陽光と木々の影のなかで 墓石に水をかけ、手を合わせた。
 
 その時、私の心をよぎったのは、 本来、静寂であるべき靖國神社を巡 る政治的喧 けん 噪 そう の喧しさと、私と東條 さんだけが立つその墓の前の静けさ の対照であった。 「A級戦犯」と呼ばれた人の霊が眠る 場所でありながら、不幸にして政治 的喧噪の場となってしまったその夏 の靖國神社と、ごくわずかの人々だ けが訪れる東條家の墓の周りの静けさは、不思議な対照であるように思 われた。
 
 私たちが、その東條家の墓をあと にしようとした時である。東條さん は私に、「もう一カ所、おいでいただ きたい所がございます」と言ったので あった。東條さんは、自分で運転す る車に私を乗せると、東條家の墓か らほど近いある場所に連れて行った。
 
 池袋のサンシャイン・ビルのすぐ 近くにある、七人の「A級戦犯」の慰 霊碑の前であった。
 
 そこはかつて、巣鴨プリズンがあ った場所だ。そして1948年12月23日、今上 じよう 天皇の誕生日に、 アメリカが東條さんの祖父、東條英 機氏を含む七人の「A級戦犯」の絞首 刑を執行した処刑場の跡である。
 
 東條家の墓を訪れて墓参りをした 私を、東條さんはその処刑場跡の慰 霊碑の前に連れて来たのであった。
 そして、そこで線香に火をつけ、私 とともにその七人の霊の前で、東條 さんは合掌したのだった。私は、こ の時のことが忘れられない。
 
 祖父である東條英機氏の霊が眠る 東條家の墓に私を連れて行ったあ と、東條さんは祖父とともに絞首台 の露と消えた「A級戦犯」たちの慰霊 碑の前に私を連れて来たのである。
 
 私は、東條さんのその心に打たれ た。私のような取るに足らない人間 でも、他の「A級戦犯」の霊のいる場 所に案内し、一緒に手を合わせてほ しいと希望する東條さんのその無私 な心に感動したのである。
 
 この時、風の悪戯 ずら で線香になかな か火がつかなかったことが、懐かし い思い出として脳裏に残っている。

 
 東條さんは真珠湾を訪れた際、アリゾナ記念館の館長に「自分が花輪 を捧げても良いだろうか?」と尋ね た。いま思えば、それは私が東條家 のお墓にお参りさせていただいた 時、自分の祖父以外の「A級戦犯」た ちの慰霊碑にも連れて行ったことに 通じる東條さんらしい気遣いだった と思う。何と優しい人だったのだろ うか。
 
 そんな東條さんの人柄を偲 しのぶ一方 で、私はいま、あることを考える。 それは、東條さんが「東條英機の孫で す」と名乗ってアリゾナの犠牲者に花 輪を捧げたことを、当時のアリゾナ 記念館館長をはじめとするアメリカ 人たちはどう受け止めたのだろう か?   ということである。   彼らはもしかすると、「東條英機の 孫が謝罪に来た」と受け止めたのでは なかったか?
 
 東條さんは、「謝罪」のためにアリゾナに花輪を捧げたのではなかった はずだ、と私は思う。それは、東條 さんと十四年間友人であった私が、 東條さんの歴史観や祖父・東條英機 氏について語った言葉を思い出して 確信することである。
 
 だが、アメリカ人たちはどう思っ たのか?  
 それはわからない。ただ、 過去に多くのアメリカ人と対話して 来た者としてちょっと心配してしま うのは、圧倒的多数のアメリカ人た ちが、あの戦争について持っている 知識と理解が極めて浅く、皮 ひ 相 そう だと いう事実である。
 
 アメリカ人の圧倒的大多数は、真 珠湾攻撃を日本からの一方的な攻撃 であり、多くは「騙し討ち」だと思っ ている。「ハル・ノート」のことなど、 その言葉すら聞いたことがない人が 多いのではないか。
 
 昔、ある非常に高学歴なアメリカ人と真珠湾攻撃について話をした 際、「ハル・ノート」について何も知 らなかったことに驚いたことがある。
 
 それどころか、そのアメリカ人は 真珠湾攻撃以前に、日本が大陸で蔣 介石と事実上の戦争をしていたこと すら知らなかった。
 
 こんなアメリカ人たちであるか ら、「東條英機の孫」がアリゾナに献 花したと聞けば、単純に「謝罪した」 と解釈したのではないか?   と思う のである。
 
 慰霊と謝罪は別のことである。だ が、それを区別して考えることは必 ずしも容易ではない。12月27日の安倍首相の真珠湾訪問を、東條 さんは天国でどう見ただろうか?




西岡昌紀(にしおかまさのり) 1956年、東京生まれ。主な著書に『アウシュヴィッツ 「ガス室」の真実/本当の悲劇は何だったのか?(』日新報 道・一九九七年)、『ムラヴィンスキー 楽屋の素顔(』リ ベルタ出版・二〇〇三年)、『放射線を医学する(』リベル タ出版)がある。


http://blog.livedoor.jp/nishiokamasanori/archives/9018880.html
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1964076802&owner_id=6445842
http://www.asyura2.com/17/warb21/msg/417.html



https://www.amazon.co.jp/%E6%9C%88%E5%88%8AHanada2017%E5%B9%B43%E6%9C%88%E5%8F%B7-%E8%8A%B1%E7%94%B0%E7%B4%80%E5%87%B1%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E7%B7%A8%E9%9B%86/dp/B01MU1D42I/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1512793074&sr=8-1&keywords=Hanada+3


*

杉田誠(著)「真珠湾50周年報道」(森田出版・1992年)より

*

------------------

 戦争の直接原因を作った陸軍、海軍が敗戦によって解体されたあと、この悲惨な戦争の直接の責任を負う省庁は外務省だけになった。当時、陸軍、海軍が専横をきわめていたことはたしかだが、しかしそれでも、外務省がもっとたしかな政策をたてていれば太平洋戦争は回避できていたことはたしかだ。まして事務的ミスによって、事前通告を実行できなかったという失態については、国民にいくら詫びても詫びきれるものではない。その外務大臣が終戦の日に靖国神社に参拝しないとはどういうことなのか。外務省の誤った政策によって戦争が避けられず、そしてその失態によって「騙し討ち」となって最大限に拡大した戦争において、死ななくてよかったであろう多くの将兵、市民が死に、そして祀られている靖国神社に外務大臣が参拝しないでよいのだろうか。死んだ将兵や市民に礼をつくさなくてよいのだろうか。外務大臣に就任する者はこの立場を理解し、礼をつくしうる者でなければならない。
 以上のことは、総理大臣についても政府の代表として同じことが言えるが、直接の省庁の長たる外務大臣が参拝せぬゆえに、靖国神社はあたかも軍国主義の象徴かのような印象を国民や諸外国に与えることになってはいないか。


(杉田誠(著)「真珠湾50周年報道」(森田出版・1992年)27ページ)
https://www.amazon.co.jp/%E7%B7%8F%E7%82%B9%E6%A4%9C-%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE50%E5%91%A8%E5%B9%B4%E5%A0%B1%E9%81%93%E2%80%95%E4%BD%95%E3%81%8C%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7%E3%82%8F%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%8B-%E6%9D%89%E7%94%B0-%E8%AA%A0/dp/4795278059/ref=sr_1_fkmr0_2?ie=UTF8&qid=1512618045&sr=8-2-fkmr0&keywords=%E7%9C%9F%E7%8F%A0%E6%B9%BE%EF%BC%95%EF%BC%90%E5%B9%B4%E5%A0%B1%E9%81%93

------------------



*

記事検索
プロフィール

西岡昌紀

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ