リノベーションしました。

さて今月に入りまして、手掛けていたリノベマンションが売却出来ましたのでビフォーアフターを紹介します。


ビフォー
IMG_20180225_132800IMG_20180225_132829IMG_20180225_133221IMG_20180225_133231IMG_20180225_133425





































アフター<クリック・タップすると大きく見えます>
_R1A0888





_R1A1202





_R1A0934





_R1A0906





_R1A0949













_R1A0959













_R1A0975













_R1A0994





_R1A1009





_R1A1022





_R1A1061





_R1A1076





_R1A1088





_R1A1119





_R1A1125













_R1A1141













_R1A1156














_R1A0759





_R1A0765













_R1A0780













_R1A0802





_R1A1181













_R1A0853













_R1A1192





_R1A0844













_R1A0828













_R1A0823






固定資産評価証明書と固定資産公課証明書の違いとその取得方法

固定資産評価証明書とは

固定資産評価証明書(課税台帳登録事項証明書)は、市区町村役場の固定資産課税台帳に登録されている不動産の物件価値(固定資産評価額)を証明する文書です。固定資産評価額は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に沿って算出されます。

固定資産税はこの固定資産評価額を元に課税され、固定資産の所有者が支払います。

固定資産評価額は売買や相続・贈与などによって土地の所有者が変わっても、変わることはありません。ただし、不動産価値は経過年数や環境の変化に左右されるため、固定資産評価額は3年ごとに見直しが行われています。また、新築や増改築をした家屋や、地目の交換、文筆、合筆などが行われた土地は、翌年度に固定資産評価額を再決定します。


固定資産公課証明書とは

固定資産公課証明書には、固定資産評価証明書の内容に加えて、固定資産税の課税標準額(税の計算のもととなる額)および税相当額(実際に課税される額)、都市計画税の課税標準額および税相当額が記載されています。

固定資産税や都市計画税は不動産の所有者が納税するため、不動産売買で物件の所有権が移転する場合は、前の所有者と次の所有者で固定資産税や都市計画税を按分します。その際は、固定資産公課証明書に記載されている税相当額を日割りして精算するのが一般的です。


固定資産評価証明書と固定資産公課証明書の取得方法

固定資産評価証明書と固定資産公課証明書は、市区町村の窓口や出張所などで取得できます。
東京23区内の固定資産に係る固定資産評価証明書は、都税事務所で発行しています。
詳細は、各区都税事務所までお問合せください。
その手続きには、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類、300~400円程度の発行手数料が必要です。なお、不動産の所有者が法人の場合は、申請書に代表者の押印も必要になります。

また、不動産の所有者本人だけでなく、その代理人が取得することもできます。その場合は、委任状か媒介契約書、代理人自身の本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)が必要です。

固定資産評価証明書および固定資産公課証明書は、物件引き渡し時の固定資産税と都市計画税の日割り計算だけでなく、登記費用(登録免許税)の算出にも用いられます。不動産売買契約を締結したら、早めに取得しておきましょう。

エアコン外機の接続方法(家庭用サイズ)

IMG_20180828_141826IMG_20180828_142040IMG_20180828_142115IMG_20180828_142121IMG_20180828_142121IMG_20180828_142139IMG_20180828_142143IMG_20180828_142155IMG_20180828_142158IMG_20180828_142203IMG_20180828_142511














































トルクレンチを使い太い管→細い管の順で外機に接続させる。
トルクレンチはカチッと手に反応が来たら気持ち5~10度ぐらい回す。(回し過ぎない)
他3カ所のねじをはずす。
IMG_20180828_142211IMG_20180828_142215IMG_20180828_142228IMG_20180828_142235















写真のようにマニホルダーと真空ポンプに配管をする。
赤のメモリをclose→openに切り替えて、冷媒管の中を真空状態にする。
真空ポンプの「カラカラ」とした空気の引ける音が無くなったら再度close→openの動作を30秒程度
かけて行う。(この時漏れがある場合、再度空気が引ける「カラカラ」音がする)
やはり音が出ないのを確認したらcloseにする。

IMG_20180828_142237IMG_20180828_142314IMG_20180828_142334IMG_20180828_142503IMG_20180828_142507IMG_20180828_142314IMG_20180828_142334IMG_20180828_142420






























電気配線をつなげる。

IMG_20180828_142503IMG_20180828_142507IMG_20180828_142511IMG_20180828_142525IMG_20180828_142553IMG_20180828_142705IMG_20180828_145038IMG_20180828_145058IMG_20180828_145100IMG_20180828_145120IMG_20180828_145130














































赤いチュウブはつなげたままで、六角レンチで真空にした冷媒管に冷媒を入れる。
音がしなくなったら上部の冷媒管も六角レンチで冷媒を行きわたらせる。
栓は全開にしてやや戻すぐらいの感触で。
マニホルダーの赤のメモリをcloseにする。
黄色の管にマニホルダの空気栓より空気を若干送り(一瞬のみ)、その後真空ポンプを止める

開栓キャップを回し閉じして完了









記事検索
お問合せはこちらよりメールで承ります。

リノベーションやお家の売買、
その他不動産にまつわる
お困り事ご相談ください。


薄毛にもう我慢できない!
  • ライブドアブログ