金融機関に融資評価依頼をする際に、どのような資料を提出しているのか。
提出書類はすべて写しで問題ありません。

(1)物件資料

・物件概要書

・レントロール

・法務局資料(登記簿謄本・公図・地積測量図・建物図面等)

・売買契約書(契約を締結している場合)

・固都税明細(又は固定資産評価証明書)


(2)融資評価依頼書

物件情報、物件概要、希望融資額、希望融資期間、借入主体(個人or法人)等を一枚にまとめます。


(3)本人資料

・経歴書

銀行員に自分はこんな人間だということを知ってもらうために簡単に経歴(出身地、出身大学、職歴、保有資格、家族構成等)をまとめます。

・金融資産一覧表

預貯金、株式、保険、その他資産を一覧表にまとめます。その際、エビデンスも求められますので、預貯金の場合は其々の金融機関毎に口座番号や氏名が印字されている通帳の表紙、最終残高が記載されている最新のページを付けます。株式の場合は氏名・明細が分かるもの、保険の場合は保険証券等で氏名が載っているものを付けます。

・身分証明書

運転免許証、健康保険証の両面を提出します。

・源泉徴収票

直近3年分を提出します。

・確定申告書

直近3年分を提出します。

・住宅ローン等の借入

借入があれば金融機関発行の返済予定表を提出します。

・借家の場合

現在借りている家賃の額を申告します。必要に応じて賃貸借契約書を提出します。


(4)配偶者(連帯保証人)資料

・身分証明書

運転免許証、健康保険証の両面を提出します。

・源泉徴収票、確定申告書

直近3年分を提出します。


(5)既に物件を所有している場合

・保有物件一覧表

物件名、所在地、地積、延床面積、竣工年、構造、戸数、購入年、家賃収入、融資金融機関、当初借入額、融資残年数、返済方法、金利等についてサマリー化します。

・登記簿謄本

・最新レントロール

・固都税明細(又は固定資産評価証明書)

・金融機関発行の返済予定表


(6)法人を所有している場合

・法人の登記簿謄本

・直近3期分の決算書

金融資産一覧表とエビデンスについては注意点があり、

数カ月前に作ったエビデンス等を提出しても金融機関サイドから
最新のものを提出して欲しいと言われますので、
最新のものを提出することをお勧めします。
1~2週間程度ずつ更新が必要。