IMG_20180828_141826IMG_20180828_142040IMG_20180828_142115IMG_20180828_142121IMG_20180828_142121IMG_20180828_142139IMG_20180828_142143IMG_20180828_142155IMG_20180828_142158IMG_20180828_142203IMG_20180828_142511














































トルクレンチを使い太い管→細い管の順で外機に接続させる。
トルクレンチはカチッと手に反応が来たら気持ち5~10度ぐらい回す。(回し過ぎない)
他3カ所のねじをはずす。
IMG_20180828_142211IMG_20180828_142215IMG_20180828_142228IMG_20180828_142235















写真のようにマニホルダーと真空ポンプに配管をする。
赤のメモリをclose→openに切り替えて、冷媒管の中を真空状態にする。
真空ポンプの「カラカラ」とした空気の引ける音が無くなったら再度close→openの動作を30秒程度
かけて行う。(この時漏れがある場合、再度空気が引ける「カラカラ」音がする)
やはり音が出ないのを確認したらcloseにする。

IMG_20180828_142237IMG_20180828_142314IMG_20180828_142334IMG_20180828_142503IMG_20180828_142507IMG_20180828_142314IMG_20180828_142334IMG_20180828_142420






























電気配線をつなげる。

IMG_20180828_142503IMG_20180828_142507IMG_20180828_142511IMG_20180828_142525IMG_20180828_142553IMG_20180828_142705IMG_20180828_145038IMG_20180828_145058IMG_20180828_145100IMG_20180828_145120IMG_20180828_145130














































赤いチュウブはつなげたままで、六角レンチで真空にした冷媒管に冷媒を入れる。
音がしなくなったら上部の冷媒管も六角レンチで冷媒を行きわたらせる。
栓は全開にしてやや戻すぐらいの感触で。
マニホルダーの赤のメモリをcloseにする。
黄色の管にマニホルダの空気栓より空気を若干送り(一瞬のみ)、その後真空ポンプを止める

開栓キャップを回し閉じして完了