西新井病院の外科・脳神経外科


西新井病院外科について
外来は成和クリニックで午前中おこなっています。手術を含めて入院治療の必要がある患者様は、西新井病院に入院していただき治療を行います。
消化器外科一般の治療を行いますが、より高度な治療が必要となった場合は、東京女子医科大学東医療センター外科と連携しながら治療を行っていきます。
患者様の希望にそった治療を実践していきたいと思いますが、そのためには病状が重篤となる前の早期の受診が大切だと考えています。

西新井病院脳神経外科について
【扱う疾患および特色】
脳神経外科は,神経に関わるあらゆる疾患を扱います。
大別すると、
・脳神経障害:これには、くも膜下出血、脳出血といわれる、出血性脳血管障害と、脳梗塞を代表とする虚血性脳血管障害があります。どちらも直ちに治療を始める必要がある、緊急性の高い病気です。出血は多くの場合手術を必要としていますが、血管の中からカテーテルを使用して治療する「血管内治療」も対象に適切に選んで行っています。
脳梗塞は、出血以上に早期に治療を始めなければならない疾患です。
最近許可されたt-PAは非常に効果が期待できる薬品ですが、副作用も多くその使用を厳しく制限されています。当院は使用認定施設に指定されています。
・頭部外傷:単純な頭のケガから、手術を必要とする重症例まで緊急に対応します。
・脳腫瘍:手術単独で治癒させることのできる良性腫瘍は積極的に治療しています。
悪性腫瘍は、通常化学療法、放射線療法が必要になるため扱わず、他施設に紹介しています。
・脊椎、脊髄外科:欧米では脳神経外科が多く治療している分野です。整形外科との関連も深いため当院では、神経に関係する病態に治療をしています。椎間板ヘルニア、脊椎管狭窄症、脊髄腫瘍など
・機能的脳外科:片側顔面痙攣、三叉神経痛などは手術で治療できる疾患です。顔面痙攣は手術以外にボツリヌス毒素の「ボトックス」を注射する方法もあり、手術を好まない方や、高齢者に適した治療です。
・正常圧水頭症:「治せる認知症」として広まってきた疾患です。脳の中に水が溜まりすぎることが原因で、水を抜く管を設置する「シャント手術」が有効です。
・脳脊髄液減少症:むち打ち症として治療されているものの中にこの疾患が含まれることが分かってきました。厳密な検査で診断を行い治療します。
その他、頭痛、しびれ、めまい、ひきつけ、などご相談に応じます。
当直とオンコールにより24時間対応可能です。

交通についてはこちら西新井病院※googleマップ

ここでは西新井病院に関するサイトを紹介しています。
西新井病院 ※引用 Wikipedia
西新井病院求人情報 ※引用 ナースの転職 看護roo!(カンゴルー)
西新井病院病院紹介 ※引用 ここカラダ
西新井病院病院紹介 ※引用 口コミ病院検索QLife(キューライフ)

西新井病院関連ブログ

1.西新井病院の場所
2.西新井病院の医療提供
3.西新井病院の【主な扱う疾患および特色】とは
4.西新井病院についての・・・
5.西新井病院について
6.西新井病院の医療機器
7.西新井病院最新の医療機器を調べてみた
8.西新井病院の麻酔科と形成外科について
9.西新井病院の眼科と口腔外科について
10.西新井病院の耳鼻咽喉科