最近のLoLの実況者の動画で見かけるのが視聴者達のリプレイを見たりして
そのプレイ内容にアドバイス等をするような事をしているという様なものなのだが。

実況者の方達は高レートの方が多いので普通の実況動画というより
こういった講座動画の方がとても役に立っているし、私自身も1ディビジョン上がったぐらいだ。

正直今まで私の考えてなかった部分がかなりあり。
中でもドラゴン・バロン・タワー等のオブジェクトへのアプローチの仕方。
ワードに対する考え方。
ジャングルやサポートの動き方等様々な考え方があった。


以前私の書いたサポートこそがcarryになるべきという記事を書いた事もあるが、
当時の考えではソラカやジャンナみたいなcarryを守る様なキャラではなく、サポートこそが
ダメージソースとなり試合を動かしていけ!
と、いうような考えだった。
もちろん今もその考えはあるが、少々変わってきているので後々更新しようとは思っている。

さて、そんなとても役に立っている実況者方の講座なのだが良いプレイは褒めるし、
悪いプレイは何故ダメなのかを細かく解説しながら言ってくれるので流石だとは思う。

ただ、悪いプレイを解説する際におかしな事を言う実況者も中にはいる。

それは基本的に実況者は青・赤チームの視界をオープンにしているのでこういう事を言う。

実「ここに敵のJGが居るのに戦うのは良くない」

もちろんその場所の視界は敵側は取れていない。
なのでやっている側は正直そこに誰が居るのかは推測でしかないのだが
高レートの方達は様々な情報から相手の位置を確認しているのでここが高レートの方と
低レートの方との違いと言われればそれまでだけど、実際にはその説明は無い。

なので私としてはこう置き換えている。
視界が無い場所から敵が来ると思って戦えと言っているのだなとね。
また、そうならない様に視界を確保しとけってね。

↓よく参考にしている講座