今年もあっという間に6月が終わり半年が過ぎてしまった。なんとも早い、早すぎる。やりたいことが全然進んでいない感があり、ちょっと焦ってしまう。もっとスピード感が欲しいところだ。

今朝2軒となりの会社の従業員さんが、近隣も含めた道路のゴミ拾いを行っていた。いつも自社の周りを清掃している姿は見ていたのだが、今回はかなり広い範囲で行っており、当社の出入り口付近も綺麗にしてもらった。ありがたい気持ちと申し訳ない気持ちと、こういう活動はウチではしてないなあと、感心させられた気持ちとで、朝から良い刺激をもらった。

まだまだやれること、やることがたくさんある。気持ちがそこにあるか、行動に移せるのか。やはり私自身に、その思いが明確に表れていないと、当然社員さんたちもそういう気持ちや行動にはならないだろう。きっと2軒隣の社長さんは、その気持ちや行動力が強いに違いない。

昨日もそんなことを思わせる事案があった。自分の責任だ。その先を急ぐがあまり、基本が疎かになったり、もうそんなことは知っている、当り前だろうという思い込みを、私自身がしていたということだ。考えてみれば当り前だが、経験を積んで成長しているその度合いはそれぞれバラバラなわけで、常に基本やその仕事を教えるのに終わりは無いということを、どこかで忘れてしまっていたのかもしれない。

スピード感も欲しいところだが、焦る気持ちを抑えて基本を忘れず、更に今期は感謝をキーワードにしているので、その活動も考えながら進みたいと思う。




20170702_142056