旭川の通称「さんろく街」と呼ばれる繁華街では、昨日の花火大会を合図に夏まつりが始まり、多くの市民で賑わった。期間は今週末の土曜日までで、天候にも恵まれそうだ。

弊社はお祭り会場の露店のテント、仮設トイレ、山車などの運搬、花火大会の会場の設営、撤去に関わらせていただいている。昨日も花火大会終了後、会場の撤去に社員総動員で行い、無事に終了した。あとはお祭り終了後、土曜日の夜中から撤去作業が始まり、こちらも安全に問題なく終わらせたいと思う。

先日、弊社の健康診断をお願いしている病院の担当者が訪ねてこられ、てっきり来年度の診断の申し込みのお願いか何かだと思い話をしていたのだが、気が付くと私自身の人間ドックの申し込みの話になり、書類にあっさりサインをしてしまっていた。あらら、なんとお上手な。

こういうのはタイミングなんだろうなと思う。普段から気にはしているものの、人間ドックを自分から申し込む行為は、中々容易ではない。そこにサッと来てサッとサインをさせる。なんともタイミングが分かっている感じだ。

様々なことでもこのタイミングがあると思っている。自分の思い描くことが上手くいかない時、「あぁ、今のタイミングではないんだ。もう少し待ってみよう」と思うようにしている。中にはそのタイミングを見誤るときもあるが、ベストのタイミングは何となくだが感覚的に腑に落ちるというのか、スッと自然に動いたり決断出来たりするものなのかなと思う。

初の人間ドックである。検査時期はまだ先だが何か良いタイミングで決まったのかなと思いたいが、果たして人間ドックの場合、良いタイミングって何だ?と考えると、ちょっと不安がよぎるワケで。。。 ̄▽ ̄;




20170803_194836