まだ雪が降るというしぶとさ。朝晩は凍っている路面もあるので注意が必要だ。春の交通安全運動は終ったが、これからは子どもたちの自転車が道路を行き交うので、更に注意しなければならない。

先週、西野亮廣氏(お笑いコンビ:キングコング)の講演会が旭川であり、出版している本や最近の活動に少し興味があったので聞きに行って来た。

正直驚いた。こんな風な人だとは思ってもいなかったので、考え方やその行動、ちょっと見方が変わった。なるほどの連続で、現在や未来の生き方、こんな考え方があるのだと感心した。

でもその中で安心した言葉があった。本人の談からだと、そこたどり着いた自分の体験で見つけた、物凄く大切な言葉になっていたが、それは昔から商売の基本として言われ続けている言葉だった。

その言葉とは「信用」だ。信用が大切で信用がお金に変わる。これはたくさんの偉大な経営者たちが実際に行ってきたことで、決して新しいことでもなんでもないが、その内容が彼は少し変わっていたというか、現代のシステムを利用したやり方だったように感じた。

信用が大切なのは大きくても小さくても商売をする上では基本中の基本だと思う。信用を得られるように、失わないようにと日々考えるのだが、そこが中々難しい。「儲かる」という漢字は正にそのものだ。信用される者が儲かる。そんな信用される企業を目指して、改めて考える講演会だった。




20180415_160311