私の家の暖房は薪ストーブだ。とても暖かく何ともいえない温もりがある。今年で10年の付き合いになるのだが、この温もりを維持するのにはかなりの手間が掛かる。

毎年GWに山へ1シーズン分の木を切りに行き、運べる長さにして持ち帰り、薪のサイズに切り直してから薪割りをする。そしてそれを積み上げ乾燥させるとやっと燃料としての薪になる。半年掛かりだ。

今年は、以前に森林組合に間伐してもらった木がまだ積んであるので、切らずに運ぶだけの作業となった。かなり楽だったが、近くで熊の出没があったようなのでとても緊張した作業だった。

薪として燃やすまでかなりの労力が掛かるのだが、何でもそうだと思うが好きなことは決して苦労とか大変とか思わない。好きという気持ちは人間の能力を引き出す最大のチカラなのだろうと思う。

仕事も趣味も、いかに好きなトコロを増やすのかでその過程や結果が大きく変わるだろう。好きになる。好きにさせることが会社にとっても重要だ。自社の好きにさせるトコロづくり、まだまだ考えなければ。。。^^;




20180513_180802