全国で猛暑、酷暑が続く中、熱中症などで亡くなる方が急増している。中でも自宅でエアコンがあるにも拘らず、使用せずに亡くなるケースも多いらしい。

なぜ暑いのにエアコンを使用しないのか。体が冷えて体調に悪い、電気代が高いなどが主な理由らしいのだが、使用することへの罪悪感という答えもあった。

思い出した。実家にはエアコンが付いていたのだが使用した記憶はあまりない。理由はたぶん同居していた祖父が、「エアコンは罪」みたいに思う人だったからだ。つけると怒られた覚えがある。

恐ろしいもので私自身も罪とまではいかないが、会社の事務所のエアコンスイッチを、入れるのをためらってしまう。もちろん経費節減という意味もあるのだが、きっと昔の記憶がそうさせているのかもしれない。

2年ほど前に事務所のエアコンは老朽化に伴い新型に取り替えた。今のエアコンは使用しても昔ほど電気代が大幅に増えることは無い。増してや使用するのは1日6時間ぐらいでせいぜい1週間から2週間ぐらいだ。スムーズな業務の遂行、健康管理的には適度に使用するべきだろう。

北海道の夏もとても暑くなった。様々なことにおいても環境は変化している。その時代に合った対応が重要なのは言うまでもないが、まずは私自身が、エアコンのスイッチをONにする変化をしなくてはいけない。。。




P1730897_convert_20150811093749