運送事業者が関係する交通事故が、ここ最近道内で相次いで発生している。先日は、残念ながら旭川市内で起きてしまった。左折時に自転車を巻き込んだようだ。

右左折時の確認は、トラックの運転手であれば死角が多いため、重要なことなのは分かりきっているはずなのだが、事故は起きている。確認不足や油断、思い込み、見落としなど、ドライバーに過失があるものが多いだろう。

事故のニュースを聞く度に、当社は大丈夫かといつも心配になる。事故を起こした方も事故に遭われた方も、同時に不幸になる交通事故は絶対に起こして欲しくない。今一度、事故防止の対策を講じたいと思う。





20181004_062437