雪は降ったり融けたりで、朝晩ブラックアイスバーンになりやすい状況だ。危険な路面にドライバーたちはいつも以上に神経を磨り減らしており、降るならもっと降ってほしいというところだろう。冬は始まったばかり。これからもスピードダウンと車間距離の保持で、事故防止をお願いしたい。

日曜日の夜、テレビドラマ「下町ロケット」を見るのを楽しみにしている。中小企業が大企業に挑む、弱者が強者に勝つ的な、原作者・池井戸潤が得意とする現代版の水戸黄門、大岡越前風なストーリーが人気だ。

また、個人的には規模や業種が違えども、会社の2代目で経営的な熱い思いを描く内容に、勝手に自分と同じところを見つけ出し、無理やりにも重ねて見てしまい、毎回ひとりで熱くなっている。ただ女性にはどうやらウケが悪いようだ。熱すぎるとか、描写の内容が難しすぎるとか、盛りすぎているとか。

ウケはともかくとして、池井戸潤の小説は私みたいな小さな規模の会社にとっては納得したり参考にしたりという部分が多い。小説なので何とでも理想を表現出来るので当り前なのかもしれないが、それが出来なかったり、もっとやらなければいけなかったり、忘れていたりと、読みながら、テレビを見ながら奮起するという、まだまだ出来の悪い経営者だと気付かされる。

さ、月曜日の朝。そんな佃社長の熱い思いを心に残しつつ、現実を見つめながら頑張ろうと思う!





20161221_111158