昨年6月に起きた東名高速夫婦死亡事故の初公判が昨日行われた。所謂あおり運転が起因となった大きな事故で、多くの関心が寄せられている。

争点となっているのは危険運転致死傷罪の適用についてだ。この罪はそもそも運転行為に対しての適用となっており、今回のように双方の車が停車し、加害者が車から降りている状態での事故は想定していない。

今回の事故で死亡の直接の原因は、後続のトラックが衝突したことによるものだ。本来大型トラックが走ってはいけない3車線の1番右側を走行していたことや、前を走る別のトラックに車間をそれほど取らずに追走し、前のトラックが被害者車両を避けたが、そのトラックは避けきれずに衝突してしまっている。

同業者としては何とも居たたまれない。ドライバーは謝罪を述べ、事故を防げなかったことを悔いている。そもそもの起因はあおり運転から始まり、高速道路上で車を停車させて危険な状態ではあったのだが、このドライバーが法令遵守で走行していれば。。。ということになる。

我々もいつこのようなことに巻き込まれたり、その起因を作りかねない。当社も過去に苦情があった。幅寄せされた、後ろからあおられたなど、もちろんこんなことは絶対にあってはならないことだ。また、車体が大きいが故に勘違いされることもある。改めてこのようなことが起きない様、安全運転に取組みたいと思う。





20151026_072644