3月に入り、日中のポカポカ陽気で雪解けが進んできた。ようやく厳しい冬から開放されるような気分になるが、朝晩の冷え込みで、道路はブラックアイスバーンになるところがあるので気が抜けない。

先月、全日本トラック協会青年部の全国大会で東京に行って来た。年に一度、2月に全国の仲間が東京に集まり、それぞれの地域での活動や取組みの紹介、講演などが行われた。

全国の仲間の生の声はとても刺激になる。こんな活動や取組みをしていたんだと、焦るというのか後押しされるというのか、とても参考になる。自社や地域で是非生かして行きたいと思った。

こういうこともそうだが、やはり東京には人や情報が集まる。しかも膨大だ。年に数度しか行けないが、北海道、旭川では知り得ないことや、時代の流れ、文化など色々と勉強になる。

長男と長女、共に東京の大学に通っている。毎日たくさんの刺激を受けているだろう。今度会うときがまた楽しみだ。




20190220_150341