一昨日に統一地方選挙があり、それぞれの地域で知事や都道府県議会議員などが選ばれた。ここ北海道の知事は、前夕張市長の鈴木直道氏(38歳)が初当選し、全国で最年少知事となった。是非、その若さと夕張での経験を生かし、北海道のために頑張ってほしい。

私も業界では若い方の経営者だ。と思っていたが、今年52歳。もう若いとは言えなくなってきた。小さな会社だが、どの企業でもやっているように、次に向けての施策や投資は、継続的に行わなければならない。若さはそこの部分においてはある意味大胆に行える様に思う。

しかし経験値での判断においては、若さはそれほど役に立たない。もちろんそこが後になって経験値になるのだから、私もそうだったが、失敗しながら判断していくしかないわけで、その辺りが経営の醍醐味なのかもしれない。

周りにどんどん成長していく若い経営者が増えてきた。見ていると、やはり大胆な判断や投資がある様に感じる。これはウカウカしてられない。大胆とまでは行かないかもしれないが、次を見据えて様々な取組みを進めなければと思う。

さ、若い知事さんはどんな北海道の未来を切り開いてくれるのか。若者らしい発想と大胆な改革に期待して、投票した人は少なくないだろうと思う。力戦奮闘を願う!




20190407_163047