10月に入り、年度でいうところの前期が終わった。9月分の数字はまだ確定ではないが、残念ながらあまり良い数字ではなかった。後期にはなんとか挽回したいところだ。

その良い数字ではなかった要因の中のひとつに、休日の問題がある。今年は、ゴールデンウィークとお盆休み両方が大型連休となり、ゴールデンウィークは最大10連休、お盆休みも最大9連休だった。その為、運搬の仕事も大幅な減少となってしまった。

来年の連休はそうならないようだが、昨今の働き方改革によって、積極的な有給の取得が法令で定められたことにより、こちらの負担もかなり大きい。

そんな状況の中、今月から消費税の増税がスタートした。これで個人の負担も増える。世間では景気の回復だとか言っているようだか、微塵も感じないのは私だけだろうか。

さて、後半戦はそんな問題を抱えつつも、改善に向けた取り組みを進めなければならない。労働環境、経営環境を見直し、時代に合った経営を目指したいと思う。




2019-10.4