今日から2月。1月に降るかと思われた雪はさほど降らず、積雪量は例年の半分ぐらいのままでかなり不気味だが、これから大雪になっても困るので程々にお願いしたいところだ。

これからは、道内各地において冬のイベントが開催される。旭川でも旭川冬まつりが来週開催予定で、準備は大詰めだ。旭川の冬まつりは、骨組みのない大雪像が特徴的で、そこをメイン会場として雪の滑り台や市民雪像、プロが作る氷彫刻などが各会場を彩る。

札幌の雪まつりもそうだが、旭川の雪像づくりには自衛隊の協力が不可欠だ。もう何十年も携わっているから当たり前の様に出来上がっているが、大変な技術と体力が必要だろう。今年も本当にご苦労様です。

何でも完成してしまっている所謂製品には、どんなモノにでも多くの人たちが関わっている。全てのモノに感謝や尊敬を抱くのは難しいことかもしれないが、その気持ちは忘れない様にと思う。

我々の仕事も「運んで当たり前、運ばれてきて当たり前」に思われることが多い。が、感謝や尊敬を忘れないでいてくれる人もいる。お互いに感謝や尊敬がたくさん出来る様、「運ぶ」に対してもっと思いを込めた仕事をしなければと思う。

わずかだが、旭川冬まつりや氷彫刻の資材の運搬に関わらせてもらっている。たくさんの人たちが楽しめることを願います。




20181213_141258