新型コロナ感染拡大防止のため、人が集まる催しものなどが中止になって1か月ほどが経過した。社内や所属している団体などでも会議や研修会、セミナーなどが相次いで中止になり、交流が無い1か月になった。こんなことは初めてのことで、戸惑っている経営者も多いのではないだろうか。

そんな中、テレワークが注目を集めているようだ。大企業を中心に、中小企業でも出社せずに仕事が出来るように取り組み始めている。自宅でパソコンなどで仕事が出来る環境があるのであれば、その方が効率的だろう。

さらに会議などもweb会議が中心になり、今は便利なZoomというシステムで簡単にたくさんの相手と動画音声のやり取りが出来る。何とも便利な世の中だ。

が、しかし、これはwebやパソコン、端末機器に慣れ親しんだ比較的若い世代の人たちには何ら問題はないが、どうやら会議で重要な管理職の方たち、所謂オジさんたちの中には不得手な方が多いらしく、中々会議が始まらない、進まないといったことが蔓延しているらしい。

これは他人ごとではない。私自身、日々進歩しているIT関連のことは、やっとついていっているのが現状で、老いて置いて行かれる姿が容易に想像できる。何とか頑張らなければ>_<;




0363