今日は10月9日「ト(10)ラッ ク(9)」の語呂合わせでトラックの日だ。業界団体の全日本トラック協会が平成4年に制定し、交通事故防止・労働問題・環境問題に取り組み、地域社会に愛される業界をつくることを目的とした記念日で、認定・登録されている。

毎年このトラックの日事業として、全国の各都道府県トラック協会は、各地域で市民の皆さんにその取り組みを知ってもらうためにイベントなどを行ってきた。しかし、今年は残念ながらコロナの影響で、全てが中止となってしまった。

国内貨物の輸送量は、年間約47億トンにものぼる。トラック輸送はその90%を担い、昼夜問わず、今この瞬間にも全国で仲間たちのトラックは走り続け、日本の物流を支えている。世界中を見ても、これほど時間に正確で、安心・安全に物が届く国は、おそらく日本ぐらいだろう。

そんな大切なライフラインをトラック輸送は支えているのだが、昨今の働き方改革や運送を取り巻く法整備などにより、更なる進化を求められている業界でもある。今までは、ある意味一部の犠牲の上で物流が成り立っていたところも正直あり、これからは是正が必要だろう。

トラックの日、そんなことも考えながら、もっと若者たちが憧れる業界、会社になれる様、これからも責任と誇りを忘れず取り組んで行きたいと思う。




20201006_070721