旭川市内は今朝も少し積雪があったが、日中の陽気ですっかり融けてしまった。しかし、峠や山間部などでは圧雪アイスバーン状態の冬本番らしく、ドライバーたちは久しぶりの冬道に、緊張した、ビビったなどの話で、夕方の休憩室は賑やかだ。お疲れさま!

道内各地で雪が降りだしたここ数日、やはり事故が多く発生しているようだ。雪道に慣れていないため、速度、ブレーキ、ハンドル操作などが乾燥路面と同じような対応だと、すぐにスリップしてしまい、事故に繋がってしまう。

トラックは重量が重いため、停止距離が長い。増してや凍結路面ともなると、乾燥路面の2倍から条件によっては10倍にもなると言われている。ここが事故に繋がるポイントになるだろう。これは乗用車も同じことで、乾燥路面との差を実感するまでに、時間が掛かってしまうことで事故が起きてしまっていることが多い。

そのため、ドライバーたちは冬道を走行する際、車間距離を夏場の2倍は取るようにしている。決してノロノロ運転や流れに乗っていない運転をしているわけではないのだが、その広く空いた車間スペースに入ってくる乗用車が多く、危険を強いられていることはあまり知られていない。

このような特性を一般ドライバーには理解してほしいと思う。決してよがって言っているわけではなく、お互いの事故防止を考えた時、また、お互い走行時に嫌な気分にならずに済むことを考えた時に、きっと気持ち良い運転が出来るのではないだろうか。

しばらく天気予報に雪だるまのマークは無いようだ。気持ちを切り替える運転に徹してほしいと思う。




20191223_105511