スマホがそろそろ取り換え時期を迎えているようだ。使用出来なくはないのだが、電池の持ちも悪くなってきており、画面も上下にひび割れがある状態で、カバーも対応する物が少なくボロボロのを使っている。もういいだろう。

私はAndroid派だ。というよりかは、iPhoneに機種変更すると、データの移行や使い勝手の煩わしさが面倒なので、変えられないというのが本音だ。したがって世の中iPhoneのシェアが多い中、この先もきっとAndroidのスマホを使い続けるだろうと思う。

他にも、スマホの文字入力方法としてフリック入力が主流の中、私はパソコンと同じキーボード画面のローマ字入力をしている。所謂フルキー入力だ。これも最初がそうだったので、今さら変更が面倒なので変えられない。困っていないが困ったものだ。

困ったというのは、変えられない理由が面倒だからという、ちょっと考えると危ない考え方かもしれないということだ。面倒がって検証などをせずそのままになっていて、もしかしたら損をしていることがあるかもしれない。

当社のトラックは日野車を購入している。これは決して面倒だからではもちろんない。色々と考えた結果そうしている。だが、これももしかしたら、私の変えられない理由に甘えている部分があるのかもしれない。時々検証が必要だろう。

会社の経営も、面倒がっていたり、今まで大丈夫だったから考えないという楽な方へ進みがちな部分がある。これは私だけかもしれないが、改めてそんな部分を見直し、もっと柔軟な考え方に変えて行きたい。そんなことをスマホの機種変更に思う。




20151114_061034