天気予報に雪だるまが並び始めた。これはひょっとしたら根雪になるかもしれない。いよいよ来たかと今年も身構える感覚になるのだが、今年は冬型事故防止の他にコロナ感染防止も加わった。インフルもある。今年の冬はいつもより気を遣う冬になりそうだ。

先日車を運転中、交差点で停車した際に前の乗用車のナンバーをふと見ると、「知床〇〇〇」ん?知床?そんなナンバーあったかなと二度見してしまった。調べると、今年の5月から手数料を払うと、知床周辺7町で登録する車両は、通常の北見・釧路ナンバーから知床ナンバーへ変更出来ることになったそうだ。

他にも、室蘭ナンバーだった苫小牧地域も新しく苫小牧ナンバーが登場したようで、知らないうちに新しいナンバープレートが加わっていた。そして今はさらに地方の図柄入りや記念プレートなどの他、見慣れない軽自動車のナンバープレートも見かけるようになった。これはもう把握しきれない。

知らないうちに変わっている、もしくは無くなってしまっていることに、気付かないなんてことは他にもあるだろう。この知らないうちにというのが何とも恐ろしい。このナンバープレートぐらいのことであれば知らなかっただけで何の影響もないが、知らないことで損をしていたり、知らないうちにひょっとしたら法を犯しているなんてことがあっては大変だ。

我々の業種に関わる法令なども色々と変わっていたりする。もちろん知らないうちになんてことではないのだが、油断していると、見落としたり気付かなかったり、忘れてしまっているなんてことになると、重大な違反に繋がってしまうので気が抜けない。

私の車の運転免許証は平成33年4月5日まで有効と記載されている。見るたびにハッとする。平成33年っていつだ?忘れないようにしなくては、、、💦




20200418_110436