どこもここも雪でいっぱいだ。当社の除雪部隊はダンプによる排雪でフル稼働となっている。お待たせしているお客様には大変申し訳ないのですが、終わり次第随時伺いますので、しばらくの間お待ちください。

冬の間、当社の様にショベルとダンプを使って除排雪を行う業者は多数ある。個人で請け負っているところもあれば、別業種から企業として請け負っているところもあるだろう。これは雪国独特の仕事で、極端に言えば道具と人さえいれば誰にでも出来る。

当社も冬は輸送閑散期となるため、30年以上前から除排雪を請け負っている。だがここで、疑問というのか、しっくりこないというのか、そんなことを感じていることがある。それは、雪を運ぶことが運送業になるような、ならないようなということだ。

法的には、他人の雪だけを運ぶのであれば運送業の許可が必要だが、除排雪作業を請け負っているのであれば運送業ではないという見解だろう。簡単に言えば、Aから雪捨場まで雪を運んで運送料金を貰うのは運送業だが、Aの雪を取り除いて作業料として貰うのは運送業ではないということだ。

それは良いのだが、その作業で使われるダンプは、一般的にはきっと、運送業界として見られてしまうのではないだろうかと思う。決して我々の業界が、物凄く正しくて法令遵守しているとかを言いたいのではなく、交通安全教育の場や法規制を受けないところがしっくりこないのだ。

冬の期間、運送業以外でダンプを使って排雪する方には、運転や作業について、講習会などの義務付けが必要なのではないかと思う。同じ道路を使い、車両を用いて仕事をする業界として、何か共通の線引きというのか、そういうことがあると良いなと。

今日も排雪ダンプがフル稼働だ!安全運転でお願いします!




2020.12.16