新型コロナウイルスワクチンの接種が日本でも始まった。まずは医療従事者、続いて65歳以上の高齢者、基礎疾患がある方や高齢者施設で従事されてる方、最後にそれ以外の方の順番だそうだ。自分はそれ以外の方に分類されるので、果たしていったい何時になるのやら。

そんなことをボヤっと思っていたら、ネット上で「AIワクチン接種予測」なるアプリを見つけた。あくまでも予測なのでもちろん正確ではないようだが、JX通信社というところが厚労省や自治体調査、人口統計などのデータを基に、AIで独自に予測したモノだそうだ。

早速質問項目に自身の情報を入力してみた。結果は瞬時に表示され、7カ月〜9か月後という結果だった。そうか、早くても9月で、遅いと11月ごろなのか。何となく年内に出来るのだろうかというボヤっとした気持ちがあったのだが、数字を表してくれたことでそれは無くなった。

何でもその先が明確になる、想像出来ることは大切なことだ。考え方や数字、何処へ向かっているのか、何のためにやっているのかなど、どんな場合においても、それがあるか無いかで結果は違ってくるだろう。これは社内においても同じだ。

働いている意味や意義。それがボヤっとしていては良い仕事は出来ない。その先を明確にし、自分たちが向かっている方向性を示すことは、大小関わらずどの経営者も同じだろう。ボヤボヤなんかしてられない。

AIが示したワクチン接種予測を参考にすると、日本国内の接種が終わるのは来年に跨ぐことは必至だろう。そう考えると、残念ながら人の動きはまだまだ制限されることが容易に想像がつく。もう少し辛抱は続くかもしれない。。。




20190211_071550