コロナ感染の終息が見えない中、東京オリパラの聖火リレーが始まってしまった。きっと、多くの国民が大会自体やれなくても仕方がないと思っているはずなのに、動き出したことにも仕方がないと思っている。中止にしても開催にしても、多くの問題を抱えた東京オリパラ。誰のための大会なのか。何のためにやる大会なのか。もう答えは出ているだろう。

膨大なお金を掛けて準備してきた側からすると、もちろんどんな形でも開催を望むだろう。こんなに準備をしたのに、こんなにお金を掛けたのに、ここで止めたら元も子もない。何とかしてそれらに対する効果、成果を出さなければと必死になり、止めるより続けることを選んでしまう。東京オリパラは、そんな状況ではないだろうか。

これは会社経営も同じで、費用に対しての利益やその成果が出るまでに時間が掛かる。だが、時間を掛ければ必ずしも利益や成果が出るとは限らない。そこを見誤らない様にしないと、費用ばかりかさみ、利益や成果がいつ出るのかもわからないまま、ズルズルと時間ばかり過ぎてしまい、結局大きな損失になり取り返しのつかないことになってしまう。

ここが経営者にとって難しい判断の一つだろう。果たしてこの設備投資はいつまでに回収出来るのか。出来ない場合はどうするのか。オリパラの比ではないが、そんな意味では同じなのかもしれないと、小さい会社の経営者だが、そんなことを思った。

今度は緊急事態宣言ではなく、まん延防止等重点措置なるものを大阪府と兵庫県などに適用するそうだ。何が違うのか分からないが、単なる延命措置にしか感じない。東京オリパラを前に、緊急事態宣言だけは避けたいということなのだろう。誰が判断するのか分からないが、もう時は過ぎた様に感じるのは私だけだろうか。。。




20170504_101941