早くも会社にとっては令和3年度の後半戦がスタートした。市長も変わり、緊急事態宣言も解除となって、何となく節目として「ヨシッ」という気持ちになるのだが、前半は、コロナの影響であまり良いとは言えなかったので、その言葉にもちょっと力が入らない。それにしても時間が経つのは早い。

過ぎ去る時間が早く感じるのと同時に、生活や仕事上では様々なコトが速く処理されるようになった。買物、情報、生産、管理、資料、会議、会計など挙げればきりが無いが、パソコンやスマホで、劇的にその速度は速くなった。

だが、何故か時間に余裕が無い。様々なコトで生産性が上がっているはずなのだが、やることがドンドン増えている気がする。それだけ色々と、今まで出来なかったことが出来てきたということなのだろうとは思うが、私はどうやら時間の使い方も下手なようだ。

年々1日過ぎるのが異常に早く感じる。油断しているとあっという間に夜になっている。これは冗談ではなく本当にそう思う。時間の使い方も下手で過ぎるのも早い。これは困った問題だ。そんな余計なことを考えているから、こんなブログを書いているから、そんなことも理由なのかもしれない。

緊急事態宣言が解除となり、コロナ感染者も減少すると様々な活動が活発になって、益々時間が無くなりそうだ。後半戦、早さと速さ、時間の使い方を意識した過ごし方を、早速やってみようと思う。




20211001_073453