大雪山などから雪の便りが届いた。そろそろ峠も白くなるだろう。当社のタイヤ交換も急ピッチで進んでいる。さぁ、冬が来るぞ!冬の準備は万全か。冬道運転の心構えは出来ているか。毎年のことだが何だか気合が入る。

冬の間、当社にとってやはり交通事故が一番の心配だ。過去に冬型事故は残念ながら何度かあり、その度に指導教育を行っているのだが、様々な要因で起きてしまっている。ここが気合が入るポイントだ。今年も何とか無事故で終わってほしいと、強く願う。

事故のほとんどがスリップによるものだ。止まる、曲がるがタイヤのスリップによって、思う様に出来なくなり事故は起きてしまっていることが多い。したがって冬道の運転は、タイヤをスリップさせない運転に徹することで事故は防げるはずなのだが、そこが中々難しい問題だ。

単純に脇見や居眠りを除き、ノロノロとスピードを出さずに走れば、劇的に冬の事故は無くなるだろう。しかし、一般的に道路を走る上でそうはいかないことがほとんどだ。ある程度のスピードは必要で、その中で事故防止をしなければならない。

車間距離を広く保ち、何が起きても対処できる心構え、信号、歩行者、対向車の動きに気を配り、予測運転を心掛けることで、スリップを防ぐことに繋がる。この連続の流れを、冬の間、ドライバーたちは毎日繰り返す。本当にお疲れ様だ。

事故防止は機械的な装置も大切だが、運転するドライバーの気持ちが重要で、「絶対に事故は起こさないんだ!」という最後は気合いだと思っている。私も気合を入れて事故防止に努めたいと思う。




20211009_133114