猛暑が続いた昨年とは打って変わり、北海道らしい適度な暑さが心地よい。朝晩は涼しく、日中は少し暑いがカラっとしている。関東や関西に住んだことは無いが、ごくたまに行く出張などで過ごしたあのジメジメの酷暑を考えると、夏の北海道は本当に過ごしやすい。

しかし、年々北海道も気温が上がってきているとも実感している。夏もそうだが冬も昔ほど気温が下がらなくなった。その影響で野菜やお米の生育にも影響が出てきていると聞く。さらに海で獲れる魚種も変わってきているようだ。

自然界ではその環境の変化が敏感に表れる。北海道のお米が美味しくなったのは、品種改良ももちろんあるが、以前に麻生太郎氏が失言したと言われた、地球温暖化の影響によるというのも強ち間違ってはいないそうだ。そして今や北海道の近海で、マグロが釣れている話も聞くようになった。

この数年で経営環境も大きく変わった。企業もその変化に対応しなければ生き残れない。これはいつの時代においても、会社規模が大きくても小さくても同じだろう。果たして自社における変化や対応はどうなのか。まだまだ考えなければならない。

短い北海道の夏。そんなことも考えながら、さて、お盆休みはどうするか。あれもこれもやりたいことはたくさんあるのだが、ここでもまだまだ考えが足りないようだ。何とかしなくては。。。^^;

会社的には8月13日(土)から8月16日(火)までお盆休みとさせていただきます。それぞれ荷主さんとの配送業務は従来通り行っております。また、緊急連絡については担当者携帯電話にて対応いたします。何卒宜しくお願い致します。




20170816_164545 (1)