9月10日(土)、旭川地区トラック協会主催による「交通安全ウォーキング」に参加してきた。これは全国のトラック協会で、トラックの日(10月9日)事業として、それぞれの地域で独自な活動を行っており、交通安全や業界のPRなどを行っている。

例年、旭川地区では地場産センターにおいて、多くの来場者を迎えて催しを行ってきたが、コロナ禍の影響で2年中止となっていた。今年は何とか開催出来ないかと案が練られ、感染予防と健康面の観点から、歩いて交通安全を啓蒙する「交通安全ウォーキング」となったようだ。

神楽岡公園から駅裏の北彩都ガーデンまで、わずか2kmほどだったが、晴天の秋晴れの中、交通安全の旗を持ちながら歩き、沿道の車に交通安全の啓蒙をさせてもらった。とても気持ち良いウォーキングだったが、交通事故防止という命題なので、ちょっと複雑な心境にもなった。

北海道はこれから秋の行楽・観光シーズンに入る。また、我々の業界では輸送繁忙期にもなるので、車の往来は頻繁になるだろう。全社一丸となって事故の無い様、安全には十分注意して運転したいと思う。




2022.9.10