今年も上半期が終わった。いつも厳しい厳しいと言っている気がするが、今期の上半期も厳しい状況だった。内部的な要因もあるが、今年は外部的な要因がかなり大きい。著しい燃料費の高騰、物価の上昇、消費の低迷による物量の減少、ドライバー不足、労働時間の短縮など、あげれば切りがない。

国の施策にも首を傾げたくなる。このような景気の低迷が続く中、インボイス制度や残業代の割り増しが施行され、最賃も上がる一方。来年には労働時間の短縮もしなければならない。益々利益の確保が厳しさを増す状況下で、企業の設備投資などは、一部大企業を除き減少することが予想される。

当社だけ、私だけかもしれないが、かなりの危機感を抱いている。アフターコロナをちょっと甘く見ていた。景気は回復する。株価や円相場は戻る。どこからかそんな声が、希望的に聞こえていたように思っていただけだったのかもしれない。

と、ぼやいていても仕方がない。こんな小さな運送屋でも維持発展するしかないわけで、あらゆる策を模索してチャレンジするしかないのはいつの時代でも同じこと。下半期に向けて、次年度に向けて、計画的にやるしかない。

得意とする分野を生かしながら、新たな分野に挑戦しながら、残業を減らしながら、売上げ利益を増やしながら、、、ながらながら頑張ります!💦




20230919_102814