グーテン・ターク

さて、前号からの続きとなります。
今回はドイツのフランクフルトを紹介します。

我々一行は、パリ東駅からTGVで4時間掛けて
ドイツのフランクフルト中央駅へ向かいます。
車窓からの眺めは、行けども行けども田園風景、
朝食付きの1等車は快適そのものです。

フランクフルト中央駅から徒歩5分のホテルにチェックイン後、
イタリア人の”チョイワルおやじ”と合流して夕方まで
しばしの市内見物。

フランクフルトはドイツ空の玄関、そしてドイツ経済の中心となる金融都市、
自動車ショーなど見本市でも有名な商業都市です。

林立する高層ビルのほとんどは金融機関、18世紀にはかの有名な
ロスチャイルド家がここフランクフルトで財をなしたそうです。

フランクフルト市内















       マイン川を利用した水運で栄える

翌日はアウトバーンで郊外の村ロールへ。
イタリア人N氏は時速200kmで飛ばす!飛ばす!
怖い!というか、さすがアウトバーンというか・・・

このロールと言う村、信じられないことに、
「白雪姫と七人の小人」の舞台だったのです。

白雪姫

















ここで、ドイツの地ビールと牛肉煮込みをご紹介。

牛肉の煮込み















                 ビール地
















         泡に注目(これが正しい注ぎ方)

村ドイツの小さな















           のどかな農村風景


フランクフルト最終日は”ライン川下り”
ザンクト・ゴアルスハウゼンからローレライまで川を遡ります。

父なる川、ライン川の渓谷に点在する数々の古城、斜面に
広がるぶどう畑の光景は異国の旅人を感動させずにはおれません。

ライン川下り















             観光船

河岸の古城
















川の中の城















          中州に建つプファルツ城古城
















古城3















古城2
















ローレライの歌(作詞 ハインリッヒ・ハイネ)

なじかは知らねど 心わびて
昔のつたえは そぞろ身にしむ
さびしく暮れゆく ラインの流れ
入日に山々 あかく映ゆる

今回もご覧いただき、ありがとうございました。

ボンジュール!パリ街歩き

明けましておめでとうございます。
皆さまにとって今年も良い年でありますようお祈り申し上げます。

今年の正月休みは9日間、長い休みをどう過ごそうか悩んでいましたが、
ひたすら飲んだり、食ったりの怠惰な毎日。
今まで何とかメタボだけは回避していたのに、数キロ増える始末。
情けない年の幕開けとなりました。

さてさて、今年第一回目のブログは、やはりパリからご紹介します。

本当に”パリかぶれ”ですね。(最近はイタリアかぶれにもなっています。)
昨年11月に、社員2名を連れてパリとドイツのフランクフルトに行ってきました。
このシーズン、ヨーロッパはどんよりした曇りか雨の日ばかり続き、
気持ちまで沈み込んでしましますが・・・、
パリはどんな季節でも絵になる街。

かたつむりの殻のように、パリの街はコンコルド広場を基点とする1区から
時計回りに20区まで、14本のメトロ(地下鉄)で何処へでも簡単に
行くことができます。

おのぼりさんでいっぱいのシャンゼリゼ大通り、
セレブ御用達のサントノーレ通り、
地元っこで大賑わいのサンジェルマン大通り、
最近特に人気が高いマレ地区のフラン・ブルジョワ通り
これらの通りを押さえておけば、観光スポットはほぼ制覇可能。
地図を頼りに、てくてく観光ウォーキングはいかがですか。



エッフェル塔















セーヌ川をはさんでシャイヨー宮から見たエッフェル塔
       (遠くにモンパルナス タワー)



クリスマス















          路地もクリスマスの装い


オテル・ヴィーユ(パリ市庁舎)















          オテル・ヴィーユ(パリ市庁舎)


サン・ミッシェル広場















          夕暮れのサン ミッシェル広場


マドレーヌ寺院















           マドレーヌ寺院


ノートルダム教会のミサ















         ノートルダム大聖堂のミサ
         (土曜日の午後5時過ぎ)


リュクサンブール公園















          リュクサンブール公園


パリにはもう16回行きましたでしょうか。
飽きもせずにと思われるでしょうが、
それでもまた行きたくなるのがパリの魅力。

「よーし、今年もいくぞ!」



ローマ テルミナ ”終着駅”

(前編より)
ミラノからボローニャ、フィレンツェを経由してローマへ
私鉄(と言っても国鉄の線路を使用)の最新超特急”ITALO(イタロ)”
を利用して、所要時間3時間の旅です
ちなみに、イタリア国鉄の新幹線は”フレッチャロッサ”


イタリア新幹線
















ちょっと奮発して1等車にしてみましたが、内装のデザインが惚れ惚れ
するくらい素晴らしい
上質のレザーを使用した座席、飛行機並みに
テレビまでついて、イタリアンモダンデザインの結集といったところ
(奥に見えるブースは個室)
新幹線1等車両

















今回、ローマでの自由時間は丸一日、「ここだけは是非行っておこう」
と思っていた場所、それはローマのテルミナ、Stazione Termini つまり「終着駅」

監督 ヴィットリオ・デ・シーカ 
主演 ジェニファー・ジョーンズ、モンゴメリー・クリフト
そうです! あの有名な映画「終着駅」の舞台になったローマ中央駅です
イタリアへ観光に来た、夫と子供のいるアメリカ人女性とイタリア人が恋に落ちる
ラブロマンス物語
この頃からイタリア映画が全盛期に入っていきました

      ローマ テルミナ(ローマ中央駅)
テルミナ















             駅構内コンコース
コンコース















            新幹線国営















            

駅前広場から徒歩数分の共和国広場(右側の建物には三越が入居)、
そして広場に面してサンタ・マリア・デランジェリ・エ・ディ・マルティーリ教会
などがあります

       共和国広場とナイアディの噴水
共和国広場















ミケランジェロが設計した
サンタ・マリア・デランジェリ・エ・ディ・マルティーリ教会
サンタマリア教会















              教会内部
教会内部















             

テルミナからやはり徒歩5分以内にある、ローマでも特に有名な
サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂
サンタ・マリア・マッジョレ教会
















狭い街だけど、ローマは広い
ローマを端から端まで見て歩こうと思えば、最低でも5日間は必要
買い物まで含めれば6日間、いや、やはり1週間かな

イタリア経済は本当に悪いそうだけど、そこに住む人達はみんな陽気だ
大げさな身振り、手振りでジョークを飛ばし、嫌なことは忘れてしまう

Buongiorno! (ヴォンジョルノ こんにちは)
Arrivederchi! (アリヴェデルチ さようなら)
Grazie! (グラツィエ ありがとう)
Prego (プレゴ どうぞ)
Ciao! (チャオ じゃー、また)

貴方も是非、歴史の都”ローマ”を歩いてみてください





ボンジョールノ!!

長い間、ブログの更新をせずに失礼致しました。
本当に申し訳ありません。

このところ社内では海外出張ラッシュとなっており、
いつも誰かが異国の地を踏んでいます。

本社のある、ここ山口県から海外へ行くには、
前泊で成田発あるいは関空発となっていましたが、
今春から福岡にKLMが就航したおかげで
たいへん便利になりました。おまけに福岡空港は
博多駅から目と鼻の先、嬉しい限りです。

そういう事で、今回の出張はアムステルダム経由で
イタリア、アペニン山脈横断の旅となりました。

ローマ到着の翌日、市内の大規模食材店イータリー
を見学した後、アドリア海側のペシカラに向けて
約3時間の車の旅です。

イータリーは、Eat と Italy をかけた大規模食材店で、
東京の代官山にもショップがあります。


イータリー ローマ店















    旧駅舎を改装したイータリー ローマ本店

生パスタ















       生パスタの種類の多さに驚き

沸騰地ビール















      すべて地ビール(イータリー内)
     ローマっ子にビールファンが急増中

アペニン山脈













        雪を頂くアペニン山脈
長靴の形をしたイタリア半島を北から南に貫く大山脈で、
数千メートル級の山々が続き、その山々をぬって走る
高速道路は日本の原風景に似ています。

アドリア海















           アドリア海の夕景
一度は見てみたかったアドリア海。
対岸はクロアチア、砂浜の続く沿岸部にはリゾート施設が点在。

ワイナリー













 ロッジを経営する主人がオーナーのワイナリー

モンテプルチアーノ















 モンテプルチアーノ・ダブルッツオ(赤ワイン)の試飲
トスカーナ地方の超有名ブランドであるモンテプルチアーノ種
とは違う、この地方のモンテプルチアーノ。

ロッジ田舎の















  ”田舎のロッジ”という名前のアグリツーリズム
主人もいない、何のサービスも無い「素」のロッジ。これが良いのだ・・・?


ロッジから見た風景















          ロッジから見た風景

かくして、長かった1日が終わります。

”アー、思えば遠くへ来たもんだ。”
本当に日本まで遠いなー。


年の初め

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

瀬戸内海に面した、温暖なここ山口県の周南地方も
今冬は厳しい寒さに見舞われており、高齢者と呼ばれる
我が身には辛い毎日が続いています。

政権も変わり、与党となった自民党と安倍内閣は円高とデノミの解消を
政策の柱に据え、三本の矢を放とうとしています。
衆院選以降、日経平均は上昇機運となり、為替も一気に円安が進む気配で、
期待感からか少し明るさが出てきました。

弊社のような輸入業者にとって、ここ数週間の急激な円安基調は
経営に大きなマイナス要因となります。とにかく、極端はいけません。
原発が停止している現在、エネルギーコストは上昇し、金融緩和政策の実施や
経済対策の効果が出る前に、今以上に国内経済の収縮が懸念されます。

需要を喚起する”新しいものづくり”が日本を再生させると言われていますが、
世の中にモノが溢れ、供給が需要を上回る中で魅力的な商品づくりが果たして
出来るでしょうか。
いずれにしても、日本再生は困難を極めるに違いありません。

そうは言っても、企業は生き延びて行くしか選択の道はありません。
弊社も知恵を絞り、汗を流して未来に挑戦して行きますので、今後も
引き続き皆様の暖かいご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。


さて、前号、前々号はイタリアをご紹介しましたが、今回はその旅行の続き
フランス・パリ編です。
過去何度となくパリはご紹介しましたが、パリは何度訪れても飽きることは
ありません。時代とともに、季節とともに移りゆく景色と旅情。
今回は”晩秋のセーヌ左岸”点描です。

サンジェルマン大通り
         サンジェルマン大通り


オルセー美術館
       館内が改装なったオルセー美術館


ポン・デ・ザール
        恋人たちが永遠の愛を誓う
          ポン・デ・ザール橋

セーヌ左岸点描(パレット)
        セーヌ通りのカフェ”パレット”

エディチュールカフェ・
   メトロ・オデオン駅そばのカフェ”エディチュール”

旧型ベンツ
         古い時代にタイムスリップ?

アトリエ・ロブション
      偶然隣にジャン・レノ氏が座った
       レストラン”アトリエ・ロブション”

サンシュルピス通り
         サン・シュルピス(教会)通り


弊社のカフェレストラン”サガン”(山口県光市)は3日から営業開始しました。
ちょっぴりパリの雰囲気が感じられる店内、今年も皆様にフレンチを
楽しんでもらいたいと考えています。
1月のディナーコースのメインは、「蝦夷鹿のロースト カシスソース」
お待ちしています。

最後に、
皆様にとって今年も良い年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

ありがとうございました。






livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ