モンサンミッシェル
                                          

夕暮れ迫る、この日のモンサンミッシェルは真冬の氷雨にけむり、すべてが凍りつくような寒い一日だった。
歩いて見物する勇気はなく、車の中から全景を見るだけで、早々に今夜の宿のあるサン・マロへと急いだ。

ブルターニュからノルマンディーへと続く海岸線は人気も無く、震えあがるような寒さにじっと耐えている。

チェックインを済ませ、部屋に入る。
寒い、本当に寒い。
早速、暖房のスイッチをオンにする。

仕事とは言え、ずいぶん遠くへ来たものだ。






サンマロの城塞
               サン・マロの城塞


サンマローの海岸線
              サン・マロの城塞へ続く海岸線


フランスの港町
                 オンフルールの街並み

昨日とはうって違って、今日は小春日和。
運転は連れに任して、名物のムール貝と白ワインで腹を満たした後、一路パリへと向かう。

仕事を終えた充足感でまぶたが重くなる。
「申し訳ないけど、安全運転でお願いします。」