トリエステからローマ経由でトリノへ。そして、トリノからトリュフの町アルバへ。
いつものように、出張の大半は移動に時間を費やします。
ピエモンテ州アルバはトリノの南南東、車で約1時間の小さな町、
近くには赤ワインで有名な”バローロ”や”バルバレスコ”といった村が点在しています。

アルバ旧市街
       <アルバ旧市街のドゥオーモ>

夕闇迫る頃、丘の頂にあるホテル”Locanda del Pilone”にチェックイン。
このホテルからの眺望は「絶景」のひとこと。

オーベルジュ(アルバ)
          Locanda del Pilone

ぶどう畑
                       見渡す限り一面のブドウ畑

アルバはこの時期「白トリュフ祭」が開催中。希少な白トリュフを求めて
ヨーロッパ各地から観光客が押し寄せます。

ホテル内のレストランにはミシュラン一つ星のシェフ、Antonino Cannavacciuoloと
日本人シェフのMasayuki Kondoさんが腕をふるってくれます。
私も白トリュフコースをお願いし、お腹いっぱい食べさせていただきました。
なんという贅沢、なんという幸せ・・・。
「ありがたやー、ありがたやー」

白トリュフパスタ
        Primo Piatto ~ 一皿目

市内の商店街ではトリュフやポルチーニが大事に、大事に売られています。
ちなみに、うずらの卵大で約5千円、もうこれは貴金属扱いですよ。

リュフ白ト

この町では、バローロ入りのパスタやバローロ入りのサラミも有名です。

イタリアは、食の国だけあって、
どの町や村にも地産のチーズやワインがあり、訪れた先々で地元のマーケットを
訪れてみるのも食文化を知る良い機会となります。

観光コースにない、出会いめぐり合いの旅、
小さな発見に心がおどります。

さーて、次回はどこへ旅をするかな?
Grazie, Arrivederci!